新着Pick
137Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この機会にもろもろと習慣やルーティンを見直すことが必要。自分も昼どきの近所の散歩が最近の日課になりました。

単なる運動不足というより、ルーティンをアップデートし、レジリエンス=折れない心を持つことを意識したいですね。

ちなみに散歩について思うこと↓

・長すぎず短すぎず。20分がベスト
・スポットまでチャリで行きそこから歩く
・適度な情報の刺激があると良い
・ぼーっとするための安全は大事(公園>境内>私道)
運動不足は糖尿病や高血圧といった基礎疾患の悪化のみならず、メンタルへの影響も強く受けます。
我々のジムは、緊急事態宣言が出る前の4月1日から閉めていますが、4月13日からオンラインパーソナルトレーニングを始めたところ大変ご好評で会員様からは、「生活のリズムが整う。」、「リフレッシュして、頭がクリアになる。」、「1人ではやらないので、約束してやることが大事だと感じた。」とのお声をいただいています。また、プロ野球選手やJリーガー、Bリーガーまた、欧州で活躍するサッカー選手からも、「予想以上に強度もあり良いトレーニングができた。」と喜ばれています。この様な社会的課題を解決するために、ウェルネス以上メディカル未満の領域にいる我々が、お役に立てる様にしっかりと考え、準備・実行していきたいと思います。
このような長期の在宅勤務はわたしもはじめてで、明らかに歩く距離が短くなってますよね。
子供と体を動かすTVゲームやったりしてます。楽しみながら健康維持になるようなものをもっと見つけたいものです。
だから「食料品の買い物や医療機関に行く場合を除き」という自粛要請の表現は過激すぎたのです。

「人の密集していない場所で適度な運動を心がけて下さい」
という呼びかけもしないと、経済的被害の次に健康被害が出てくる恐れがあります。

精神的プレッシャーでDVや児童虐待も増えています。

「1日最低20分のウオーキングを」
というように具体的な「要請」をすると、とても効果的だと思います。
運動不足は間違いなく起きますよね。
周りの人の話を聞いていても歩数30%どころではない気がしています。
歩数が減るのは仕方ない分、いかに室内で体を動かすことを習慣化させるか。

対処法として、「ついで」、「ながら」、「かわりに」だと思っています。

トイレのついでにスクワット、歯を磨きながらつま先立ち、エレベーターの代わりに階段などなど。

運動の時間をつくるのはなかなか難しいと思うので、通常の生活のなかにエクササイズを取り込むようにして運動不足を解消していきたいですね。
おうちから出ないので減りますよね。
ストレス溜まるなと思い、朝散歩していますがとてもよいです。

新たなルーティーンを作る機会。働き方も生活も変わるので自分の生活も変えないとですね!
普通に外走ってます。人混みは避けて♪
あとは部屋でバイクのローラー漕いでます。
zwiftアプリは世界中の人たちとバーチャルレースができて燃えます。みんな外出できない分、家の中でゼーゼーバーハーしながらストレス発散している様子です。
飲み会減少による健康への好影響との綱引きとなりそうです。
外出を自粛するというのも運動量が減っていることに拍車をかけてるのではないか。だからって、通勤が運動代わりというのは違うんではないかと思う。
運動する習慣(でなくても体を動かす習慣)をつけることが大事かと思う。
電車に乗ることがなくなり、街歩きの時間が増えて、老後の生活みたいになってきました。日々意識することが重要ですね。

行ったことない大きめの公園や一つ先の駅までなど
試行錯誤して目的を決めて散歩・ジョギング・ランニングをしています。

散歩がちょっと楽しくなる遊びを作ったらニーズがありそうな気がしています。