新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
モード界の帝王、アルマーニの言葉。
もちろん、ファッション業界はこのコロナ禍で大打撃です。
ここ数年、中国市場への依存度も大きかった。

しかし、このスローダウンによって、本来の服作りに立ち返るチャンスでもある。
過剰な生産、性急な消費に一旦ストップがかかることで、
システムの見直しに踏み込める。
テクノロジーと、クラフトマンシップが強く結ばれることで、本来のファッションを取り戻せる。

ただこれができるのは、テクノロジー、クラフトマンシップ、いずれか、または両方のアセットがある企業のみ。

恐ろしいほどの淘汰の時代が訪れる。

そこでふるいにかけられた企業のみ生き残れるでしょう。

ほかの業界にも言えることですが、
今読むべき言葉です。
「現在は乱気流の中にいるような先が見えない状態だが、間違いを正して人間らしさを取り戻すためのユニークな機会でもある」

ロックダウン中のイタリアからのメッセージに共感します。

日本でも、コロナ・ショックは終わりが見えず、経済的にも精神的に過酷な日々が続いています。

その一方で、明るい側面に敢えて目を向けるならば、書類やハンコ主義(私たちはなぜ有給を取得して区役所に行っていたのでしょう?)、毎朝の満員電車、夫婦間での家事負担の偏りなどを是正し、「人間らしさを取り戻す」ためのよい機会(試練)だと考えることもできるのではないでしょうか。
アルマーニ氏、かっこいいですね。

確かにアルマーニって毎年のコレクションを見ていても毎年同じですものね(笑)

でも、私は悪いことじゃなくて、むしろ良いことだと思っています。普遍的でいいものは時が経っても古びない。いいものはいいというか。だから着ている方も愛着が湧くし大切にします。

ちなみに、アルマーニ氏もコロナウイルス対策に1億円寄付しています。
逆境を前進と捉えるジョルジオ・アルマーニの素晴らしい公開書簡。コロナによって強いられるスローダウンが、仕事が持っていた本来の価値をよみがえらせ、商品を手にした顧客に本当の価値を理解してもらえるようにする道となる。色々な業界に当てはまるのではないでしょうか?
『「カッコいい」とは何か』でも、詳しくこの辺の話を論じています。是非ご一読を!