新着Pick
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仕事でTeamsを使っていますが、ビデオ会議は最大5人までしか一度に顔が見えないですよね。6人以上でディスカッションをする場合は、声を発しない人はいつまでも画面に顔がうつりません。会議のファシリテーションには表情が見えている方が良いこともあるので、Teamsでのビデオ会議は進行に気を使います。他方で、ビデオや音声の品質は良いなと感じています。

Teamsは、現在のところビデオ会議よりもスレッド管理とファイル共有がしやすいのが利点だなと思っています。
Microsoftにとっては、うれしい、残念が半々の複雑な心境ではないでしょうか?

というのも、Teamsは、もともとチームによる共同作業をサポートするための環境であり、ビデオ会議ツールではありませんよね。

今、使われているのは、ビデオ会議ツールとしてが大半ではないでしょうか?特に、この記事の場合には...

Teams=ビデオ会議ツール...と認識されてしまい、それしか使われなかったら、悲しいですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
最近になって急速に活用場面が増えました。
便利ですね。具体的には3つ感じてます。

・散財していた話題が集約されファイル含め情報が一元化。
・会話はクリアで共有も簡易、会議ストレスがほぼない。
・UIも分かりやすく年配社員も普通に使えている。
Cisco WebEXよりはこの時期でもサクサク動いている印象。ただコールインで電話で入れる仕組みがあると地味に嬉しい。ネット環境が細い時、電話側の方が音声クリアに取れたりするので。