新着Pick
181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
北朝鮮は、昨年13回のミサイル発射実験を行いながらも、年末までは米国の対応を待つとして、米国にボールを預けていた。しかし、米中貿易問題やら、トランプ大統領への弾劾問題やら、選挙モードで忙しく、トランプ大統領は北朝鮮を無視した形になった。
年末に北朝鮮は異例の朝鮮労働党中央委員会第5総会を4日間も開催し、対米政策や経済政策を議論した。恒例の年初の金正恩委員長の新年の辞が注目されたが、なんと実施されなかった。
北朝鮮は、米国が態度を変えないなら、「雄大な作戦」を実行すると昨年警告していた。北朝鮮は有言実行の国である。メンツのためにも、言ったことはやらねばならない。雄大な作戦が何かは特定されていないが、ICBMやSLBMではないかと言われてきた。今年に入っても、今のところ、雄大な作戦の姿は見えない。それどころか、金正恩委員長の公の場への登場すら激減しており、健康問題やらこの新型コロナウイルスによる医療崩壊の可能性など、様々な噂が出ている。そうした中、今回のようなあまり話題性のないミサイル発射実験が散発的に行われている。何故、こんな時に?と国際社会は考えるわけだが、北朝鮮としても戦略的にやっているというより、やらざるを得ないためにやっているような気がしてならない。昨年までのミサイル実験とは異なり、なんか、必死の打ち上げに見えるのだ。足元の北朝鮮経済、社会は相当に追い詰められているのだろう。なんか、それがむしろ不気味で恐ろしい。
飛距離230キロ、高度30キロなので弾道ミサイルではなくKN-23超大型放射砲(ロケット砲)でしょう。
この兵器は未だ技術的改良が必要と考えられており、政治的アピールというより、技術的完成度を上げる為の試射という可能性が高いです。
又やや高度が低いですが、先週発射した新型のATCMS型短距離ミサイルの低軌道での試射の可能性もあります。
いずれにせよ政治的なメッセージがあるとは考えられず、又日本には全く届きませんので、無視して問題はありません。
北朝鮮が飛しょう体を発射したとのこと。
「日本の領域には飛来せず、EEZ=排他的経済水域内にも落下しないものと推定される」
とりあえず、定期的に飛翔体を打たないと、国際社会から完全に取り残されることを危惧して必死になって発射しているようにしか見えない北朝鮮。

北朝鮮、シリア、ソマリアが新型肺炎の感染者数を国際社会が把握していませんが、実際にはどうなんだろう?
→リビアはどうだったか失念しました。あとで調べます。
ひどい!とは思うものの災害派遣で検疫に自衛隊員が動員されたので戦力がどのように配分されているか把握するための観測的な発射ではないかと思います。ロシアが領空侵犯しに来るのと同じで。日米韓の間での無線やら人の動きを基地近くのスパイがキャッチして戦力を分析する的な。
北朝鮮の新コロナビールスの蔓延はかなり深刻の様に思われる。兵士の多くが感染して国防力にも影響しているのではないか。金政権は軍部のクーデターを抑えるために弾道ミサイル発射させているのだろうか。アメリカは自国の問題で精一杯で、支援を提供する程度の反応しか示さない。
追い詰められてゲロ吐いているのか、おなか壊して放屁を繰り返すのか。

先方の政治的思惑とは逆に、国際社会はこの国の断末魔としか見ていませんよ。
みんなそれどころじゃ無い。
ただびっくり、、、、