新着Pick
163Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
相手のことを思い遣る想像力は大切だと思います。

ですが、想像力にも限界はあり、メールでの対応も限界があり、
著者が書かれている通り、職種にも依ると思います。
どれが正解はないと思います。

できる限りの想像力を働かせ、時々に応じ、メールや電話やビデオ会議等の適切なチャネルを使うべきと思います。

個人的には、人と話すとほっと出来るため、最低でも1日に1度はメール以外でコミュニケーションを取った方が良いと思います。
企業で働く人の状況とは異なると思います。
ツールがはメールだけだったり、仕事の始まり方の前提が違うので、あくまで事例の一つとしてみるとのがいい記事です。

「密な連絡を取らなくても相手のことを察したり、相手の期待に応えようという気持ちに自然となれたりする、信頼関係を築くことこそがリモートワーク成功のカギ」

というのは個人的には賛成できなくて、この"察する"のがいわゆる日本的な"空気を読む"というもので、それが色々な人がコミュニケーションの困難さを感じている壁の一つでもあったりします。

信頼関係を築くことはとても大事で、だからこそその組織の文化、そして個々人によりやり方は異なるのだと思います。
「リモートワークは人間関係などの問題をあぶり出す」...ここは、良いポイントですが...以下は、どうかと思います。

特に5と7...相手が気づいたら、信頼はゼロになりますよね。

【1】メールの返信、修正対応はすぐにする
【2】関係のない人はメールの宛先から外す
【3】そっけない文章は書かないようにする
【4】周囲の目がないのだから、業務はやりたいようにやって構わない
【5】具体的な見通しを示したうえで、忙しそうな空気を出し続ける
【6】週1程度で誰かのオフィスに間借りするなど、自分以外の人間がいる環境で仕事をしてみる
【7】ときには、午前3時などとんでもない時間にメールを送ってみる

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
相手のことを思う想像力と、仕事の質は担保した上で「周囲の目がないのだから、業務はやりたいようにやって構わない」というくらいの割り切りも必要だなと思わせてくれる記事でした。