新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
>明確な理由は分かっていませんが、ドイツでは新型コロナウイルスの感染を調べる検査が、週に16万件と、大規模に行われていることから、地元メディアなどは、感染者を早めに確認して、対応できているためではないかと指摘しています。

これが理由として正しいかは微妙なところですね。
ドイツの感染者数22,672人のうち,60代以上の方は4,091人(18.0%)に過ぎません。
逆にイタリアは,60代以上の方が55%,70代以上の方に限定しても36%と,比較的高齢の方が大半を占めています。

60代未満の方の致死率(致命率)は,3月23日時点のイタリアでさえ0.38%にとどまっており,感染者数の年齢構成が影響している部分も小さくないように思います。
高齢者層の感染が拡大していないということは,医療現場での集団感染が低く抑えられているということでもあろうかと思いますので,そうした点でドイツとイタリアの違いが見られるとは思います。
(とはいえドイツも,ひとたび医療現場での拡大感染が起こるようになったり,医療が飽和状態に達したりしてしまえば,イタリアやスペインのように状況が一気に悪化する可能性もないとはいえないと感じます)

イタリア衛生当局(国立衛生研究所)発表のデータ
(3月23日付の概要版)
https://www.epicentro.iss.it/coronavirus/bollettino/Infografica_23marzo%20ENG.pdf
(3月19日付の詳細版)
https://www.epicentro.iss.it/coronavirus/bollettino/Bollettino%20sorveglianza%20integrata%20COVID-19_19-marzo%202020.pdf

ロベルト・コッホ研究所(ドイツ)発表のデータ
https://www.rki.de/DE/Content/InfAZ/N/Neuartiges_Coronavirus/Situationsberichte/2020-03-23-en.pdf?__blob=publicationFile