新着Pick
388Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リーダーの役目は、みんなの仕事を楽しくすることです。
リーダー自ら仕事を楽しむことが大切。 仕事以外の興味や好奇心を持ち、視野を広げることが、集中力を高めることにもつながる。
リーダーになるような人は、ここに書いてあることが当たり前にできているってことですかね。仕事を効率的に進めるために必要な行動として、目新しいことは特に書いてないかなと思います。
個人的には「5. 興味を持てないタスクを他人にまわす」を嫌味なくさらっと出来るようになる、は結構大事だと思ってます(なかなかできませんが!)。仕事を頑張る人には「これができないと周りから評価されないんじゃないか」と、仕事を抱え込んじゃう人が結構いると感じてます。個人としての仕事の効率をあげるだけではなく、チームや事業部全体としての仕事の効率をあげる観点を持つということは大事だと思います。
リーダーということで、プロジェクト・マネジャーのような人のための方法ですね。ライン長の場合には、これとは違う素質が必要だと思います。

記事を読むと、以下の6つだそうです。でも、これって同じことを言い方変えて言っているものもあるので、以下の3つに集約できると思います。

3つの方法
1.やることリストを作成する
2.いつ、誰がやるかを分析、分配する
3.シングルタスクで、生産性のよい時間帯にやる

記事中にある6つの方法
1. やることリストを作成する
2. 一度にひとつのことに集中し、他のことは心配しない
3. 自分の生産性が最も高い時間帯を把握する
4. やること全てに興味が持てるわけではないと認める
5. 興味を持てないタスクを他人にまわす
6. 今すぐやるべきか、後回しにすべきかを考える

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
いつの時代も、デキる人に仕事が集まる…特に、リーダーにはより多くの仕事が次から次へと舞い込んでくる。全部対応出来る人も中には存在するだろうけど、大半の方は、もっと時間があれば…と感じていると思う。個人的には、"引算"の視点で、"自身=リーダーがやるべきこと"を先ず決めることを勧めたい。これが出来ると優先順位も付けられるし、育成するために他者に自身の仕事を任せてみるという意思も持てると思う。気持ち的に余裕がないと全体を俯瞰することも出来なくなり、適切な意思決定も出来なくなる…これだけは避けたい。突発的な問題への対処もリーダーには舞い込んでくる。常に、スマートに対応出来るように、余裕を持っていたい…。
集中力を維持するには定期的な運動すること、8時間以上寝ること、ビジネスは8割運だと達観すること。つまり自分に優しくしてあげることで初めて仕事に集中できると思います。それ以外は長期的に体が持ちません。また持たせることができる人は家庭が崩壊する可能性が非常に高いです。
リーダーは、仕事で自分のやりたいことをやっていることが多いので、集中力を維持できると思います。

メンバーが仕事に惹きつけられるかどうかはリーダー次第です。

リーダーに魅力があることは大前提で、
メンバーに仕事を押し付けるのではなく、
その仕事の本質的な意味や今後の展望を話して、
メンバーにその仕事を評価してもらう過程を踏むことが大切です。
『仕事を楽しむために給料をもらっているわけではないのだ。楽めないプロジェクトを終わらせるもが自分の責任の一部であり、懸命に取り組まねばならないことを受け入れよう。それがプロであり、リーダーであることなのだ。』

これを黙ってできればカッコいいのに、Twitterとかおしゃべりとかをしていると、嘆きやボヤキ、憤りみたいなのがたくさん出てきますよね。そういうのに毒されないように注意しています。