新着Pick
791Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
100日間ありがとうございました。

ワニくんが15-24歳の未婚の男の子だとした場合、死亡原因の構成比は、
自殺 48%
不慮の事故 20%
その他病死 32%
病気でも自殺でもなく、死亡者のうち2割はさっきまで元気だった男の子が、こうして不慮の事故で今でも亡くなっているのですね。(2018人口動態調査)
50日目くらいで知ったのですが、アップがアメリカ時間早朝なので、毎朝起きたらトイレしながら一番にこれを見ていました。

この結末が、コロナパンデミックのピークと重なったことに縁起を感じる。僕らは誰もが「X日後に死ぬ人間」なのだ。Xが分からないだけで、あとはこのワニさんと何も変わらない。毎日を大事に生きなくては、と思う次第だ。No day but today!

ところで・・・語っていいですか・・・・?

これ、歴史に残る名作だと思う。や、一切のお世辞抜きに。

なぜかって、全く新しい表現方法を開拓したから。SNSのリアルタイム性を利用して100万の読者を等しく「神の視点」に置く。八百万の神様たちが天界から地上の一匹のワニをハラハラしながら見守っている。そんな構図にしちゃった。この表現技法、見たことがない。(近いものがあるとすれば、「メメント」という映画か。)今までの作品は作家のみが神様で読者は大抵、登場人物と同じ目線か少し上くらいに置かれていた。読者全員を神様視点にしちゃう(菊池さんはゼウス?)という仕掛け。斬新だ。

四コマ漫画との整合性もいい。死をクライマックスに持ってくる作品は古今東西山ほどある。この作品も結末は死だけど、クライマックスでもなんでもない。毎日が淡々と続く。そしてある日突然、死が訪れる。そのほうが多くの人にとっての死のリアリティーと近いかもしれない。

四コマ漫画以外と組み合わせる方法もあると思う。散文は整合性が悪い気がする。例えば、俳句や短歌は整合性がいいかもしれない。100日後に死ぬ詠み人。

世に良いSF作品は溢れているのに、なぜいまだにジュール・ベルヌが読まれているか。もちろん彼の作品が面白いからだが、それだけではなく、彼が「SF」という表現手法の開拓者だから。夏目漱石もビートルズもX Japanもそうですね。

このジャンルにどんな名前がつくか分からないけど、「SNSのリアルタイム性を利用して読者を神の視点に置く」という表現手法は、これから多くの作家に真似され、名作も多く生まれると思う。でも「ワニ」がその最初である事実は未来永劫変わらない。本当に素晴らしい作品を読ませていただきました!!!

RIP, ワニさん・・・・
分かってはいたけど寂しいです……
毎日ありがとうございました。

美しい終わり方でした。泣きました。
新型コロナウイルスで、自粛要請が続く中、こうしたSNS上やインターネット上での話題こそが今必要であり、
皆さんの気持ちをコロナ疲れから解放する、一つの例と思いながら観ていました。

ワニさん、日々の楽しみでした…!
ありがとうございます!!
名作だと思います。四コマ漫画の形式をとっていますが、手法としては絵本のようですね。日常と愛着。ほのぼのと、実はそこかしこにあふれる、生きる楽しさをわかち合える。みんな本当にほしいものは、当たり前の日常にある温かさと優しさなんだと気づかされる。関連グッズなども出るそうで、デジタル時代の新しいカルチャーの波を予感させます。しかし、デジタル空間は電気がないと無に帰してしまうので、立派な印刷で上等な紙の絵本として残したいような気がします。
「100日後に死ぬワニ」、人間いずれは死ぬことを思い出させてくれます。1日を大切にしましょう。
Twitterの特性を活かした連載でしたね。新しい時代の連載形式の始まりをリアルタイムで見れた気がします。Youtubeでやればかなりの収入になったと思うのですが、Twitterもいいね!や再生数で広告料取れるようになると別段階に進化しそうな可能性も感じました。
いずれにせよ、久々にほっこりした日々でした。きくちゆうきさん、ありがとうございました。
ここ数日、Twitterを見るたびに「ワニ」が常に出ていました。それぐらいの拡散力でした。

これが毎日の4コマだとここまで話題にならなかったと思いますが、「100日後に死ぬ」という新しいテーマがあるだけで、日常の見方も変わってくるのだなという気づきだったと思います。日々の生き方の大切さを教えてくれた作品です。
いきものがかりの歌が出てくるのは3日後とかにしてほしかった感覚はありますが、とはいえこれだけの社会現象をこれだけ簡易(に見える)な立て付けで実現したのはすごい!
https://newspicks.com/news/4743100
偽物バージョンの「ワヌ」で笑ってしまったが、先ほど最終回を見て切なくなった
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.95 兆円

業績