新着Pick
342Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
検査時期ではなく、感染時期を横軸にとったエピデミックカーブが示され、それとともに実効再生産数(一人あたりが発生させる二次感染者数)の推移が示されており、詳細で説得力のある見解が示されました。

ここに示されたエピデミックカーブは、各報道機関やウェブサイトが作成されている診断確定日をもとにしたカーブとは意味が異なり、より正確に感染流行状況を表したものになります。

なぜなら、このウィルスには比較的長い潜伏期間があり、診断が確定する日というのは、感染した日よりも最低でも3-5日程度遅れるからです。全国的に報道されている「新たに◯◯人の感染者」という情報は、実は現在の感染状況を正確に反映したものではなく、少し前の感染であるという視点で見ていく必要があります。

少なくとも現状において、実効再生産数は1を下回っており、この状況が続けば、感染拡大は収束に向かうことになります。

注意点として、この実効再生産数は、ウィルスの特徴だけでは決まらず、我々の行動で変化しうるので、現状取られているsocial distancingや入国制限などの取り組みがなくなれば、再び急増する可能性が高くなります。また、他国を見れば明らかですが、この急増は突然訪れます。

実例として、一旦収束し始めていた韓国で集団感染による感染者数増加が再び見られており、これまで高く評価されてきたシンガポールや香港でも、ここへきて輸入例を中心とした比較的急速な感染者数増加が生じています。

潜伏期間を含めた1-2週間程度のタイムラグもふまえ、一定期間新たな感染者が生じない地域では活動再開とするような、地域ごとの段階的自粛及び活動再開が、経済状況との天秤で現実的な対策と言えます。また、日本全体で見ると、経済的な痛みを伴う活動自粛と出入国制限は、今後も比較的長期にわたって求められるものと考えられます。
政府専門家会議の発表はわかりやすいですね。
今やるべきは「オーバーシュート」を防ぐこと。
どこまでわかっていて、どこからがわからないかロジカルに説明。

感心したのは、欧米型のロックダウン方式は持続可能でないので、
経済活動を維持しながらコロナを収束させる日本モデルを考えているとのことです。よく練られています。

一方、記者からは、反安倍や反吉村知事の質問が多く、ことごとく論破されていました。あと、数字に弱い記者もいます。質問のレベルがイマイチです。Twitterで質問を集めたほうがいいですね。

【追記】
主にご説明されていた尾身先生は、アジアのポリオ根絶、SARSの陣頭指揮を執っておられた経験があるとのこと。安心感があります。70歳のご高齢、感謝しないといけないですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E8%BA%AB%E8%8C%82
専門家会議が、これを明言したことにすごく価値があると思いました。オーバーシュートしたら一発ノックアウト。その上で、何を優先するのかが政治判断。

〉経路不明の感染者が増えるとオーバーシュートが起きかねないと指摘。大都市圏の方が発生しやすいとも指摘し、起きた時は「取り得る政策的な選択肢はほとんどない」と警鐘を鳴らした。
提言本文(https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000610566.pdf)も一読すると全体像がよく分かります。
かなりの情報量なので、メディアの方々には、ここから国民に伝えるべきことを抽出して効果的に報道して頂けるとありがたいですね。

・全国一律ではなく地域ごとの感染状況に応じた対策に(イベント・学校など)
・軽症無症状の陽性者は入院ではなく自宅療養
・重症化ハイリスクの方々は特に感染予防を心がけて
・重症化リスクの低い世代も3つの条件が重なるような活動はさける

あたりが、各自治体などの方針転換に重要な部分かと。

ここ約1ヶ月の休校やイベント自粛の個々の効果というのは測りづらいですし、ここまでやる必要なかったという意見もあるかもしれないですが、オーバーシュートしてからでは手遅れですし、
感染拡大を抑えながら、今回のような現実に即した見解を導くためには必要な期間だったのではないかと思います。
会見をリアルタイムで拝聴していました。
専門家会議の構成員の先生方も、プレゼンの専門家ではないので、
じっと聴きながら、すっと理解出来にくいところもありましたが、
その後公表された「状況分析・提言」(下記リンクご参照)を、ニコニコ動画の
収録映像を見直しながら反芻し、細かい部分に至るまで、よく考えられ整理された「状況分析」と政府や自治体が指針の策定や具体的なアクションをとる際の
助けになるようなギリギリ踏み込んだ「提言」を示されたことを理解しました。

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000610566.pdf?fbclid=IwAR1GOTVmHxtTQPN5q6QhOQ5pa35OpPLZoQ04L7ACRH8Wx4bOxZ9avfdNYvg

会見直後の、メディアの反応やSNSでのコメントを拾うと、昨夜の会見は曖昧だとか「期待外れ」だとか「新しい話がない」など、さんざんなものが目につきましたが、具体的なガイドラインは、地域毎の状況の差異があったり、特に経済とのバランスをどう取るかと言った微妙なさじ加減を行って政府が判断して発出するもので、それを専門家会議に期待するのはお門違いです。

むしろ、今回の一連の日本の取り組みを冷静に見ていくと、専門家会議の医学的・疫学的見地からの判断(しかも不確定要因が多い中での判断)や過去の感染症対策とその検証に基づく知見が政治の意思決定をしっかり支え、結果として、日本の今おかれている他国と比較して「相対的に安心で安全な」状況を生み出していると考えます。ここまで「オーバーシュート」を防ぎ「ロックダウン」などの追い込まれた状況でのギリギリの手段を取らずに「不便だ」と嘆く程度で事態がコントロールされているのは、この政府と専門家会議の類のないほど緊密な連携の成果だと言って良いかも知れません。ただし、多くの国民はそこまで自分で調べて事態を理解する時間と余力がありません。多くの方々は家庭や子供、会社や商売を抱えて必死だからです。しかも、日々のTV報道から恐怖感が受け付けられてしまっています。恐怖は、思考停止を招きやすい。
専門家会議の分析や提言を政府や自治体がどう受け止め、それを多数の人々とどうコミュニケートしていくかに、これから数日注目していきたいと思います。
会見の資料から
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000610566.pdf

◯(現在)入院治療中 579人、人工呼吸器または集中治療 46人。

←日本の隔離病床数は1900弱、結核病床を使えば(おそらく)+1000。これらが埋まれば癌、循環器等の一般診療を削らないといけません。準備と覚悟が必要ですから、厚労省はhpのすぐに分かるところに入院治療中人数を提示して欲しいです。地域毎に柔軟な対応を、というのであれば少なくとも都道府県毎の入院治療中の人数も。

◯"短期的収束は考えにくく、長期戦を覚悟する必要"(10頁)
兵庫・大阪で「おたがいさま」と言ってないで、他の都道府県よりも、きっちり対策をとるべきです。北海道は、中国人観光客が多く、全土で広がりがありました。北イタリアが医療崩壊になっているのは、繊維産業に中国人労働者を多数入れて、Made in Italiaにしているからです。ベルガモでは、死者が通常の17倍になっています。
神戸は中華街もあります。中国は大切な友人ですが、最初の発生地は武漢でした。兵庫は警戒を強めるに値するでしょう。横浜もそうです。大阪はライブハウスなどエンタメの中心ですね。
宝塚劇場が再開して直ぐ止めたのはあまりにみっともないです。東京の政府の自粛など、わしゃ知らんという、気分だったのでしょうが、客観的に考えるべきです。
ちなみに世界屈指のオペラ劇場フェニーチェ(ヴェネツィア・不死鳥の意味)では、「家に留まろう」Iorestoacasaキャンペーンに協力して、最近の公演の動画を9本も配信しています。オペラ全編が3つもあります。ヴィヴァルディやヴェルディの珠玉のオペラです。
宝塚はこの時期に小銭を稼ごうとしたのですが、もっと大所高所から考えてほしいものです。フェニーチェ劇場の動画は下記のサイトです。

La sezione #iorestoacasache vi abbiamo preparato e che implementiamo di contenuti giorno dopo giorno.
https://tinyurl.com/v84awfq
Abbiamo pensato di utilizzare il nostro canale You Tube, di modo che ognuno vi potesse accedere liberamente. Buon pomeriggio, amici!

補足:ヴィヴァルディのオペラ「ドリッラ」には、四季の春などのアレンジが出てきます。歌手も超一流。ヴェルディは、傑作(かつ大がかりで上演機会の少ない)「ドン・カルロ」、遊牧民の物語「アッティラ」、いずれも良いです。「魔笛」抜粋は現代劇で、ちょっと今一つでしょうか。
東京での感染源の分からない感染者は予想だけど海外からだと思う。日本の入国時の検査のしなさすぎと、14日間隔離といいながら、実際何のチェックもしてないのはヤバい。台湾やシンガポールの新規感染者の多くは海外から戻ってきた人(自国民を含む) 中国では全入国者にPCR検査を義務にしている。日本も検査か隔離の徹底をやるべき。もちろん違反者への罰則も。今が勝負どころ!
物理のオーバーシュートは、一時的き設定値をこえつつも、振幅を減衰させながら設定値に収束していくことをさすが、この場合は意味が違うんだな
感染者ゼロを目指す国内での封じ込めは困難な状況だということ、また医療崩壊を防ぐことが何よりも大事、ということが改めて強調されました。

今後はクラスターの早期発見、早期対応という局地対応を行っていき、特に感染が広がっていない地域は徐々にこれまでの日常に戻していくという方針は合理的だと思います。