新着Pick
270Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは読みとしてどうかな、「新型コロナウィルスの影響が米国以上に甚大な国々では所得が減少し、解約する人が増加する。」テーマパークが閉鎖され、飲食店が営業をやめ、スポーツイベントが中止となって、少なくともそれに関する支出が減った分と、Netflixの月額料金を比較すれば、解約する人が増加するとは考えにくいです。むしろどこにも行けない分、新規加入者が増えると想像する方が妥当でしょう。
それとは別に、広告を導入すべきというのは一理ありますが、NetflixはUXを極めて重視するサービスなので、ユーザーから一発で嫌われる広告をそう簡単に導入するとは思えませんね。
サブスク事業が難しいのは、「なくてはならないもの」に留まるか、「契約してたことすら忘れる存在」にならなければいけないところ。ゆえに同じ業界で数社しか生き残れず一度市場が飽和すると熾烈なパイの争いになる。

「ネットフリックスの料金は月額固定制のため、既存ユーザーの視聴時間が増えても業績が向上する訳ではない。また、新型コロナウィルスの影響が米国以上に甚大な国々では所得が減少し、解約する人が増加する」
どうだろう?所得が厳しくなると解約する可能性もあるが、でも所得が厳しくても娯楽は本能的に求められていて、一旦習慣化したら辞めにくい。所得が厳しくなって娯楽がなくなるというのは、言い方は悪いがギャンブルやお酒・タバコなどがやめられないリアルを無視しているとも思う。
ちなみに資金の話については今に始まったことではない。自分もリスクはあると捉えている一方で、コンテンツと顧客数(顧客チャネル)の蓄積にコストをかけて障壁としているとも言え、だから株価や資金がいまのところ間に合っている。フェーズが変わるときに注意は必要だが…
売上はそんなに伸びる要素ないが、視聴時間が伸び過ぎて配信インフラコストが上がる、繋がりにくくなる、懸念はないだろうか。CDNを自前で用意していればその懸念もないですが。
リスクと機会の両方ですね。何故なら表裏一体ですから。

リスク:収入減によりサブスクリプション数が減少する
機会:家に籠もることで、よりサブスクリプション数が増える

短期間で新型コロナウィルス対応が終息すれば、「機会」が「リスク」を上回るでしょう。

逆に長期化すれば、「リスク」が「機会」を上回ることになります。

そういった意味では、Netflixとしては「短期終息宣言」を祈っているのでしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
解約が増加する?それ以上に巣ごもりで加入が増えると思いますが。これも早くデータを知りたい。
リモートワークや自宅にこもる人が増えればNetflixには追い風と考えていましたが、そうでもなさそう。むしろ、家庭目線で言えばサブスクは娯楽の固定費という欠点をつかれるかもしれないという指摘はなるほどと感じました。
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
19.8 兆円

業績