4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日3月11日の節目に、小泉環境大臣が、福島の除染土壌の最終処分問題についてメッセージを出しています。

福島県の皆さんは、汚染水が福島県沖に流されることで、福島だけが風評被害に苦しめられることを懸念しています。また、この除染土の最終処分問題も、結局は福島県内だけで処理されるのでは、と疑問を持たれています。

そもそも、関東に電力を供給するために、福島の原発は立地していました。しかし、多くの日本人にとって福島の復興は、遠い出来事になっています。福島の復興のために、日本人全体が福島の苦労を分かち合う姿勢が必要ではないでしょうか。3月11日だけ形だけ東北のことを考えるのではなく、もう少し自分事で福島の考えるべきではないでしょうか。

福島の除染土の最終処分は、環境省が信頼をもって舵取りすることが大事です。小泉大臣には環境大臣の任期に関わらず、最終処理がどうあるべきか、発信を続けてほしいと考えます。