新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
臨時の記者会見でCarney総裁は、このタイミングで緩和措置を講じた理由について、政府による財政刺激策と歩調を合わせたと説明し、経済対策としての一体性を強調しました。また、CCyBの引き下げも同時に行ったことで、マクロプルーデンス政策とのポリシーミックスもアピールしています。

その意味でインパクトを補強する工夫が凝らされていますが、英国の場合には新形肺炎を乗り切っても。Brexitを巡る調整が遅延して、実質的にno dealに近い状況に陥るリスクも控えています。Carney総裁も記者会見で認めたように、その方が影響が長期化する可能性が高いだけに、今後の政策対応余力も気になってきます。