新着Pick
129Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
注目のミシガン州を含め、バイデン氏が優位に戦いを展開しています。大統領選の本選は、各州勝者総どり。全米得票率で勝てても、スイングステートで競り負ければ大差でひっくり返されます。2016年がまさにそうでした。全米では民主党のクリントン氏の得票率の方が高かったのに、大きな接戦州を次々ととりこぼしてトランプ大統領誕生に結びつきました。

その教訓を生かすとすれば、中道・穏健派の大同団結に成功し、多様な支持層にウイングを広げたバイデン氏の方が、支持の偏りが大きいサンダース氏よりもベターな選択とみるのが必然かもしれません。あとは、民主党支持者が党内対立の長期化を望むのかどうかも、ひとつのポイントになると思います。重要なことは、接戦州で勝ちきれる形がつくれるかどうかです。
今回予備選が行われた6州で、最大の票田であるミシガン州でバイデン氏が勝利。
獲得する代議員の数も重要ですが、同州は前回の大統領選でトランプ氏が共和党候補として1988年以来勝利し、その流れで全体の選挙を制した重要な州。
11月の本選挙でも、同州を民主党が「奪還」出来るかは一つの大きなポイントです。
バイデン氏ならそう出来る、との印象を民主党内で与えられたとすると、同氏にとっては今後の予備選を戦っていく上で非常に有利となります。
ほぼ世論調査通り。州と議員選挙区の比例配分なのでサンダースも着実に代議員の数を重ねます。「バイデンに勢い、サンダースも踏みとどまる」という感じでしょうか。
ミズーリとミシシッピー。ミニ・スーパー・チューズデー最大のミシガンがどうなるかが勝負。
余談は禁物ですが流れはバイデン氏に傾いてきた今、サンダース氏がいつ、どのような形で去就を決めるかが、本戦に向けて民主党がどれだけ一枚岩になってトランプ氏と戦えるかの試金石になりそうです。
今日でバイデンに決まりそう。このコロナ騒ぎの中で、サンダース躍進とか新たな波乱要因が浮上すればマーケットは処理しきれなかったから良かった #大統領選
先ほどまで、CNNでミシガン州の状況を報道していました。
流れは、バイデン氏ですね。
ここに来て、トランプ大統領の強権外交の弊害、偏った医療制度に潜在的な批判が高まっているはずです。
オバマ氏が全て良かったとは言いませんが、トランプ大統領による極端化の揺り戻しが出ていると思います。

これ以降は、民主党幹部の腕次第では?
サンダース氏、頑固ですから。ヒラリーさんの時は、左派と中道派の融合をしないで、傍観していた感がある民主党幹部の出番でしょう。

もちろん、トランプ大統領、弱点は医療制度だと意識してのpayroll taxの免除でしょう。でも、これはサラリーを貰う人の恩恵。コロナウイルスに罹患したら、死ぬか自力で治すかしか選択肢がない貧困層には恩恵ありません。

満を持して、沈黙を保っているオバマ夫妻の応援演説かな?
ヒラリーさんは既にインタビューで登場していますから。
トランプ大統領誕生でアメリカが分断された、と言われてますが、サンダース氏が民主党候補に選ばれると、民主党支持者の中でも中道と左派で分断されてしまうので、オバマ前大統領を含め、中道派が一致団結した形になったようですね。
Crazy BernieよりSleepy Joeのほうが戦えるという認識に傾いているということでしょうか。予定調和的な流れには感じますが。
マーケットがここまで荒れると、人々は安定を求めるということ。もともとエネルギー関連企業の多いこの地域で、サンダース候補が勝つのは難しい状況ではあったが。
朝日放送株式会社(あさひほうそう、英称:Asahi Broadcasting Corporation)は、近畿広域圏を放送対象地域とする特定地上基幹放送事業者である。略称はABC(エービーシー)。 ウィキペディア
時価総額
290 億円

業績