新着Pick
1560Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Z世代のお父さん世代の私。最近の若者はとても優秀な方が多いと感心します。よく若い世代は礼儀が... とかわかってない... とか言う私の同世代や先輩がいますが分かってないのは僕たちなんじゃないの?って思うほど能力が高く努力家です。そして何より目線が高い人が増えていると思います。本気で社会にとって、世界にとって、環境にとってと大きな課題感を持っています。直接お会いしたことはありませんがカーニーの方たちから伺うお話からも関灘さんへの期待と会社の変化を感じます。応援しつつ注目したいです。
今回の「シゴテツ -仕事の哲人-」は、A.T. カーニーの日本代表・関灘茂さんです。経営コンサルタントの仕事とはどういうものなのか、求められる能力と努力、成長のカーブがわかります。

---
今年1月に米系経営コンサルティング会社A.T. カーニーの日本法人代表に就任した関灘茂氏。神戸大学経営学部卒業後、A.T. カーニーに新卒で入社し、同社史上最年少の32歳でパートナーに、同じく史上最年少の38歳で代表に就任した。新卒入社の日本代表も初めてだ。

エリートコースまっしぐらと思いきや、新人時代は決してできるコンサルタントではなかったという。才能あふれる同僚に囲まれながら、どんな努力や工夫を重ね、頭角を現し日本法人代表まで上り詰めたのか。

阪神・淡路大震災での被災、コンサルタントという職業との出合い、A.T. カーニーで受けた強烈な洗礼のほか、今後の戦略など、関灘氏のこれまでの人生を振り返りつつ、仕事の哲学を探る。(全7回)

■第1回 A.T.カーニー史上最年少代表の凄まじい成長の加速度
■第2回 独自のアウトプットのためのインプットとプロセス
■第3回 経営コンサルタントとして「本物の基礎能力」を磨く
■第4回 「お手並み拝見」ムードから「お主、なかなかやるな」
■第5回 学者・医者・易者・役者・芸者「1人5役」を目指す
■第6回 クライアントやチームと「長く深い関係」を築く
■第7回 日本を変える、世界が変わるために我々が尽くすこと
分かり易くかつ生々しく書かれていて、臨場感があり楽しく読ませて頂きました。「自らを追い込む」というのよくわかります。

自分の場合、15年ほど前になりますが希望をしていたこともありメガバンクで海外の大型プロジェクトのファイナンシャルアドバイザーに業務を任された時は自分の持てる力を全てストレッチさせても上手くいかないことも多く、仕事と平行して積極的に専門知識も習得し、必死の毎日だったのを鮮明に覚えています。
サラリーマンだったものの外部のプロジェクトの関係者と会う時間の方が上司や同僚と会う時間よりも圧倒的に多く、また30歳ぐらいで自分で意思決定せざるを得ない局面が多かったので成長できたと思える時期でした。
修羅場をくぐらないと成長はないと思います。
記事にある「守破離」、なかでも「守」が本当に大切だと思う。守の型があるから、発想を入れ込む中でも再現性・生産性が高まる。
ただ、今の時代に記事のような考え方・トレーニングができるのだろうか?Up or Outの文化がプロフェッショナルファームにはあり、個人的には「そういうもの」だと思って、そういう企業に行くも行かないも自由選択だと思っている。ただ世の中全体のルール・規範としてはそれはどんどん厳しくなっている。
全員に向いているわけではないし、程度問題はあるも(過度な「知的体育会系」を礼賛したいわけではない)。ただ、がむしゃらに成長したい若い人の成長機会が、投入時間と厳しいフィードバックという両面で、今はどれだけあるのだろう?
個人的にこのくだりが超絶刺さりました。

>プロジェクト期間中に、「この2冊を習得すれば十分」とエクセルでの分析方法を紹介する書籍を渡されました。「あとは何とかして」という言葉に、「困ったなあ」という表情が出たようで、「ここは学校じゃないからね」と言われました。

社員のOJTコストをクライアントのフィーに乗せてはイカンと思うんですが、それをやっているなんちゃってプロフェッショナルは非常に多いです。

今週は自分を律する意味でも、このシリーズで勉強させてもらおうと思います。
前職A.T. カーニーの新代表、関灘さんの記事がNewsPicksからも。しかも”関灘茂の哲学”というシリーズもの。

今回はカーニー時代に関灘さんがお会いされた先輩たちが多く登場しますが、その中でも

・常に2つ上のポジションのコンサルタントの仕事をせよ。本気で代わりをやるつもりで
・母国語のはずの日本語から勉強し直したほうがいい
・右脳と左脳をダイナミックに使う
・週末に必ず出社しているマネージャーがいた
・脳内に仮想マネージャーを完コピしてた

のエピソードたちは私も前職時代にお伺いし、強く意識しながら働いてました。
この後の記事も楽しみです!
戦略コンサルの日本代表に30代が就任。顧客である日本のエスタブリッシュ企業の経営陣はどんなに若くても40代後半、大半は50代〜60代でしょうから、なかなか思い切った人事ではなかろうか。

関灘さんは凄まじい努力の人のようですね。
トップコンサルタントの思考が垣間みえて、とても参考になります。このシリーズ楽しみです。

あと、ATカーニーの方は「筋が良い」「筋が悪い」と言う言葉をよく使いますね。
ATカーニーは学生時代一番憧れてたコンサルティングファームでしたが、その代表を同じ30代が務めているという衝撃!
連載からその理由を探らせてもらいたいと思います。
この立ち上がりの挫折感に親近感を覚えます。次回が楽しみ。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。