新着Pick
542Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはフランチャイズオーナーの店なのでしょうか?本部が知ってるとは思えないし、思いたくないですね。

タイなどで実施されているマスク価格規制は何故施行されないのか不思議です。
こうした不当な取引に課徴金をかけるために、
国民生活安定緊急措置法の政令を近く改正する
調整が始まっています。


https://r.nikkei.com/article/DGXMZO56418200V00C20A3MM8000?s=4
皆さん、記事読んでくださいね。ネットで買って、利益のせずに販売したようですよー
もちろんそれが良いかは賛否ありますが、記事が本当であればオーナーは「高くても欲しい近所の人に届けたい」という気持ちだったと思われ、私欲で暴利をむさぼった、みたいなコメントしてるヒトは今からでも書き直しましょうね
「ネットで購入したものをほぼ同額で」
というのは、実に怪しいですね~。

聞いた話なので真偽は定かではありませんが、もっと高額で売られているとのことでした。

ちなみに、従業員分のマスクはどうしているのでしょう?

何だか言い訳が明瞭じゃないですね~。
もうこんなアホで情けないニュースが出てこないよう、国民生活安定緊急措置法の改正を早くしておくれ。

たくさんの人がこの類のニュースに関心を寄せる時間が無駄ですよ。自分もやっぱり1枚なんぼやねん、と計算してしまったし・・・利益がないにしても、転売で入手したものを転売したことには変わりなく、どこかで不当な利益を得て笑っている人がいるんです。
要望が多かったということで、ネットで購入して販売はオーナーの考え方を疑います。また、本部も厳しい対応をすべきではないかと思います。
何が問題なのだろう?店は利益の最大化をはかったが,評価が下落した.貨幣経済的利益より評価経済的損失の方が大きかったということである.貨幣と評価の換金率を見誤ったということ.
状況に応じて物の値段が変わるのは当然である.需要と供給から最適な値段を時々刻々変化させていくことを「ダイナミックプライシング」という.最近,AI的なアルゴリズムがダイナミックプライシングにおける価格決定に適用できると話題になっている.しかし,AIは販売者側にあるため,売り手の情報は考慮するが,多数いる購入候補者それぞれの事情は考慮されていない.そこには情報の非対称性が存在する.これでは不完全である.AIはマスクに1万円の値段をつけるであろう.
しかし,AI技術が進みAIが民主化されると,購入者もAIを持つようになる.販売AIと購入AIが人の間に立って交渉を始め,値段のマッチングをするようになる.私はAIは膨大なマッチングをこなすことができることに意義があると考えている.このとき,購入者はそれぞれに事情を抱えており,それに応じて購入者ごとに値段が異なるというこもありうるだろう.一物一価の原則はAI社会では崩れる.一見すると,高い値段をつけたお金持ちのAIに物は流れそうではなるが,そうならないのは,利益最大化に加え,最大多数の幸福度を最大化するようにAIがマッチングをするからである.お金持ちに高い値段で売って得られる幸福度より,利益を削り損をしてでもお金はないが本当に必要とする人に売ることで得られる幸福度のほうが大きいと判断される.つまり,評価経済の評価を上げるとは自分を含め収支の幸福度を上げることに相当する.AIが超高速で時々刻々と行うのはそこだろう.
我々はAI駆動の評価経済社会の入り口に立っている.

【追記】じゃあ、どうすれば良かったのだろう?ネットで仕入れたマスクをセコく原価で売るのではなく、通常価格で売る。あるいは、買い物客に配れば良かったかもね。
当該店舗の店長やオーナーのことを存じ上げないし話も聞いていないので、なんとも無責任なコメントではありますが、もともとは善意から始まったことかもしれません。もっとも、真意はわかりませんが。
本当にマスクがないのでなんとかしたいと思った?
そうだとしても、その後の行動(ネットで購入してそれを転売する行為)はよろしくなかったと思いますが、買い占めからくるこの事象、なんだか、さみしいし悲しいですね。
ブランド価値を毀損したとして契約は解約され、このお店は閉鎖・倒産になる。

そもそも、第三者から買った物をお店で転売してよいはずがない。

一体、どういう事情なのだろうか?
契約の自由がありますから、売る方と買う方が合意すれば、特に問題ない。

値段が高いのが問題か?というと、そんなことはない。
値段が安いので、日本のメーカーは、マスク増産に踏み切れない。需要と供給の関係で、売値が高くなれば、設備投資の回収期間が短くなるので、供給量が増え、結果としてはマスク不足は解消しいく。
世間から、マスクの生産者には、24時間働いて、安く供給しろ、という圧力がかかっています。

今回の問題点があるとすると、流通小売りの過程で価格を吊り上がっているのであれば問題。マスクの生産者に還元されるのであれば、値上げは妥当と思いますね。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.06 兆円

業績