新着Pick
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ユーロ圏のファンダメンタルズを下支えするためには、ストレスが集中しやすいセクターに焦点を当てる対応が適切だと思いますし、そうした考え方はラガルド総裁の声明とも整合的です。

ただし、FRBの大幅利下げもあって、米国の市場金利が顕著に低下したことに伴う、ユーロ相場への上昇圧力をどうするかという問題は残ります。

ユーロ高は最終的にはインフレ率を下押しするので、物価目標の達成のためという口実で、普通の金融緩和を行いうる状況にもなっているわけですが、もちろん問題は手段です。

外為市場へのインパクトという面では、一時的でも良いので資産買入れの増額も考えられますが、理事会のコンセンサスが得やすいのは、むしろマイナス金利の深堀りかもしれません。
財政的に余裕のあるドイツが、どれだけ財政出動に協力するかがカギを握るでしょう。
日本の財務省同様にあまり多くは期待できそうにありませんが。
ドイツがどう出るかですね。
ECB理事を務めるビルロワドガロー仏中銀総裁のコメントで「ECBには新型コロナウイルスの感染拡大への影響に対応し、景気支援策を打ち出す用意がある」とのこと。