新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
声明を読む限り利下げを確約するものではないと察しますが、可能性はBOJやBOEよりは感じさせるものでした。先進国中、最も深いマイナス金利が深掘りされることの影響はBOJに小さなくない影響を与えそうではあります。仮に実施された場合は。
金融政策ハト派だったドラギ氏の後任となったラガルド氏の対応が注目されます
ラガルド氏はもともとハト派色が強いですが、ECBはタカ派が強く、ドラギ氏も手を焼く場面も多々ありました
さらにECBはマイナス金利を導入していることでも分かる通り、金利の下げ余地自体はあまり潤沢ではありません
ただ、今回のラガルド氏は、一定の積極姿勢を示しています。困難ななか、中央銀行総裁として運営手腕の頼もしさを見せた、という印象です
IMFも世銀も日銀もそしてECBも、新型肺炎の対応について行動する用意があると表明しています。
【IMFと世界銀行が共同声明 肺炎対応で「全力尽くす」】
https://newspicks.com/news/4685727