新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の百貨店もOMOを実現しないと、価値のない存在になってしまう。急激にアメリカが変わっていっているので、その波は必ず外資からやってくると思います。

ただし、アメリカのやり方そのままはうまくいかないため、日本の業界慣習に合わせた変化を実現する必要があります。

顧客体験の変化と、サプライチェーンマネジメントの変化がポイントになりますが、データで可視化し、様々な最適化を繰り返しできる運用体制を整える必要があります。戦略転換点を見極め、外から学び、リアルな場所という強みを活かして、新たな小売の世界を創ることを応援します!

‘’アメリカの百貨店は買い取り仕入れが主流だからなんだと思います。「われわれが買い取った商品をどう売ろうが、文句ないでしょ?」という発想です(そもそも、ノードストローム ラックというアウトレット業態を都心のど真ん中に出せるのも、買い取り仕入れだからこそとも言えます)。日本の百貨店は消化仕入れ(厳密に言うと違いますが、ほぼ委託仕入れのようなもの)が主流なので、これが難しい。新品とリセールとで店内に同じ商品が並ぶのを恐らくメーカー側が許さないし、百貨店側も買い取ってない以上、強く出れませんから‘’
百貨店、ノードストローム、リセール
時価総額
3,240 億円

業績