新着Pick

独VW、19年は22%営業増益 高利益率車の販売堅調

Reuters
[フランクフルト 28日 ロイター] - ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>は28日、2019年の通期営業利益が22%増の169億ユーロ(185億ドル)になったと発表した。利益率が高い自動車の販売が堅調だったほか、ディーゼル車の排ガス不正に伴う罰金などの費用が低下した。
14Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
福山さん、斎藤さんのコメントと併せて。
当たり前だが、軽い車のほうが燃費がよく、環境負荷が小さい。だけどSUVも重ければ、EVも電池が重い今は同じ車格の内燃より重い。

自動車は、移動手段だけでなく、趣向性・趣味の部分もある。快適に移動をしたい、自己表現、走る楽しさ。だから単価も安いものと高いものを比較すると、ある程度の量が出る一般車でも10倍くらいある財。
そういうリアリティ・ニーズがある製品だし、それを一概に悪いとは言えない。でもVWやドイツのEVシフトや環境キャンペーンは、個人的には好きになれない。長期・現実論でHVを実用化しながら、EVにも備えているトヨタの方がよっぽど堅実・誠実に見える。
盛り上がってるコメント欄に一言加えると。

だからSUVのEVがウケやすい。消費者にもメーカーにも。

って事かと。

まぁバカバカしい話ですが。
高速巡航時の性能や燃費が求められるヨーロッパでは最悪の組み合わせですね。

とは言え20年前、瀕死のポルシェを救ったのはカイエンと言うポルシェマニアなら唾棄すべきSUVですしね。
まだまだ実用的なEVはコンパクトで航続距離の長さを競わないものな気がする。
フォルクスワーゲン(ドイツ語: Volkswagen AG)は、ドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車製造会社。傘下であるポルシェをはじめ、傘下の会社を合わせてフォルクスワーゲングループを構成する。 ウィキペディア

業績