新着Pick
271Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
緊張・リラックスはウェアラブルセンサである程度わかります(ある程度、ですよ)。心拍のR-R間隔のゆらぎをみると交感神経と副交感神経どちらが優位かわかるからです。このようなセンサを活用して緊張を可視化してみるのも有効かもしれません。私は大量の締め切りが差し迫ってバタバタしているときなどは明らかに緊張状態に突入しているようです。
健康的なライフスタイルにおいて、もっとも大切にしているのは呼吸です。
最近疲れやすいと感じたら、呼吸が浅く早まっているかもしれないので、呼吸を整え力を抜いてみることをオススメします。
呼吸って、意識しないと浅くなりますね。更に、緊張すると、息していなかったりする…。姿勢も大きく影響していると数年前に産業医の先生に教わった。先生曰く、長時間のデスクワークは最悪な状態だと…。自身ののカラダなのに、全く理解していない自分に気がつき、定期的にメンテナンスするようになった。定期的に姿勢をチェックする習慣を身につけたいですね。
リモートワークやテレビ会議が増えると、座っている状態やモニターとにらめっこしながら集中する時間が圧倒的に増えると思います。その際の自分へのリラックスのさせ方や、姿勢の工夫はこれから更に重要にな理想です。サステナビリティやWell-being観点からも外せませんね。
力を抜くコツは「ギリギリまで力を入れ続ける」ことです。意図的に力をコントロールするのは難しいが「もう力が入らない状態」にすることは容易い
これはそう思う。心の安定。