新着Pick

株価 760円余下落 感染拡大で世界経済への懸念一段と高まる

NHKニュース
連日、株価の大幅な下落が続く東京株式市場は28日も売り注文が膨らみ、日経平均株価は午前の取り引きで760円余り値下がりしました。
171Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
友人の一人は武漢が封鎖された直後に手持の株式の大半を売却、貴金属に投資を移し、現在は株価に一喜一憂することなく悠々と暮らしています。
事が起きてから大騒ぎするのは評論家、本当の投資家は言う前に実行に移していると言いますが、まさにその通りだとおもいました。
残念ながら自分は前者のようで、今は株価に一喜一憂する毎日です。
マーケットが世界経済のリセッションを織り込みつつあるのかもしれませんね。
ちなみに、中国の肺炎影響試算とIMFの米中摩擦影響試算に基づけば、おそらく今回の肺炎影響はIMFの米中摩擦影響の下限ぐらいになりそうです。
となると、今年の世界経済成長率は2%台前半となり、リーマンショック翌年の0%まではいかないものの、ITバブル崩壊翌年の+2.5%成長を下回る可能性があります。
だいたいシナリオ通り。
22,000円を割れて、乱高下しながら次の節目2万円に向かう動きでしょう。日本に関しては、買い材料は見当たらない。
https://newspicks.com/news/4666256/
また物色の機会を狙っていますが、まだまだ数ヶ月前の株価に戻っただけなです。
もう少し様子見か。
膨れ上がっていただけにつらい。