新着Pick
83Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アジアなどの人口が多く成長している途上国では出店を増やすことにより収入を増やすという伝統的な人海戦術から将来の人件費上昇や不正防止の観点からもデジタル化を進めていると思います。
デジタル化の裏には常に人件費の削減という短期的に得られるメリットがあります。
リリースはこちら。
https://www.mufg.jp/dam/pressrelease/2020/pdf/news-20200225-001_ja.pdf


既に報道されていた案件が成立したようです。
https://newspicks.com/news/4649232
MUFG側としてはCapital Gain狙いというだけではなく、MaaSと決済が一体化しフィナンシャルインクルージョンを推進するグラブと金融で協業することで、従来の商業銀行買収による地域展開を補完する目論見だとおもいます。グラブ にとってどれだけ魅力あるパートナーになっていくのか、楽しみですね。
以下でコメントしているので繰り返しは
控えるが、今回のMUFGに対するマイノリティ
出資(ソフトバンクによる先行出資との比較)
が単なるパッシブな出資案件にならず、MUFG
時代が変わり、それによってアジアの金融を
変える挑戦に結びつくことを強く期待しています。

https://newspicks.com/news/4649232/?utm_medium=urlshare&utm_campaign=np_urlshare&invoker=np_urlshare_uid257547&utm_source=newspicks
以前解説もしましたが、ようやく発表されたのですね。メガバンク初の理系出身の次期社長として、そしてアジアを攻めるにあたって非常に有意義な一手。
グラブの創業者はハーバード大出身で元々日本企業ともつながりがあり、ソフトバンクの孫さんのお気に入りというのもあり、日本との関係は強いです。
良い結果になることを期待しています。
英断だと思います。出しっぱなしにならずにきちんと果実を回収できるか、銀行のアセットを活かした成功体験を創出出来るか、組織の将来展望にも関わる重要案件だと思います。
下記日経新聞の記事についてグラブ側が正式に発表したようです。

三菱UFJ、配車大手グラブに800億円出資 スマホ融資展開(日本経済新聞、2月19日)
https://newspicks.com/news/4649232
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
5.59 兆円

業績