新着Pick
292Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オーストラリアには広大な国土がありますが、砂漠も多く、2,400万人の人口が集中しているのは、降雨が比較的多い東部、南東部です。この地域はまた森林が特に多い地域でもあります。森林火災が起きたのは、人口と森林が多い地域です。
 火災と森林火災の間に因果関係があるのは間違いない、と多くの研究者が研究し、論文で述べています。ただ、およそ自然現象が起きて広がっていく要因は一つではなく、数多くある要因の中で、気候変動がどれくらいの割合を占めるのかは、まだ到底判断できないでしょう。
 なぜこれほど火災が広がったのかよくわからないので、意図的な放火犯が引き起こしている、という主張がSNSなどで広がり、これはこれで、社会的な憎悪を引き起こしかねない危ういものでした。
 火災が発生したことよりも、これほど広まり、長い間収まらなかったことにむしろ問題があります。それは、森林が乾燥していたことと、降雨が少なかったことによります。明らかに気候に原因がありますが、それでは、降雨を増やして、乾燥を緩和する有効な対策は何か、というと、実証しうる研究をするだけでも大変な労力と費用と年月がかかるでしょう。
 オーストラリアは経済においても人口においても世界の中心というわけではないので、今では連日世界中のメディアを賑わしているというわけではありません。しかし、オーストラリアにとっては国難というべき状況で、国民生活や健康への影響だけでなく、国民経済への打撃も甚大であると予想されます。特に、オーストラリアの主要な産業である畜産と農業については、相当部分が壊滅的で再開も難しいといわれています。

【Q&A】 オーストラリア森林火災 放火説は? 渡航は? 回復は?
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-51171501
「私たちは目の当たりにしました──気候変動が、その翼を広げるのを」オーストラリアの映像作家リネット・ウォールワースさんのことばです。

国民の6割が被害者になった今回の大火災。自然の脅威をこの言葉がよくあらわしています。

対岸の火事、ではすまされません。日本も気候変動を真剣に考えるタイミングです。