新着Pick
332Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
連載「シゴテツ -仕事の哲人-」、メドレー代表取締役医師・豊田剛一郎氏の第4回です。
---
医療テックベンチャー・メドレーの代表取締役医師――そんなめずらしい肩書を持つ豊田剛一郎氏。前職はマッキンゼー・アンド・カンパニーのコンサルタント、それ以前は日米の医療現場を経験した脳神経外科医と、異色のキャリアを歩んできた。しかしその根底には、「医療の未来のために働く」という一貫した思いがあったという。

「医療ヘルスケアの未来をつくる」をビジョンに掲げ、医療のさまざまな課題解決に取り組むメドレーに至る道のりをたどりながら、豊田氏を突き動かしてきた志や哲学を聞いた。(全7回)
---

■第1回 脳外科医、マッキンゼーから「代表取締役医師」へ
■第2回 患者を救う医師から、医療を救う医師になる
■第3回 月収7万円になっても成長するチャンスを選ぶ
■第4回 マッキンゼーで鍛えられた課題解決力
■第5回 リスクを恐れず、自分の名前で勝負する
■第6回 インターネットで医療の新しい未来を切り拓く
■第7回 コロナ対策のオンライン診療と服薬指導
マッキンゼー出身の創業者の元にいて日々痛感させられるのはFACT(事実)・数字で語ることの大切さ。あと弊社の場合は顧客起点で考えて、どうやれば出来るか考え抜いて、やり抜くことかな。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company, Inc.)は、シカゴ大学経営学部教授のジェームズ・O・マッキンゼーにより設立された、アメリカ合衆国に本社を置く大手コンサルティング会社。ドイツポストの経営権を握っている。米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界60カ国に105以上の支社を持つグローバルな戦略系コンサルティングファーム。 ウィキペディア