新着Pick
2343Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当社は出社するという概念がないので、Slack上を仮想オフィスとしています。
決めているルールは

1. ダイレクトメッセージはどんな些細なものでもパブリックで。相当プライベートな話以外は使うべきでない。ダイレクトメッセージ率を下げることが目標です。
2. @channel は基本使わない。それは、オフィスで「ぜんいん、ちゅーもーく」と叫んでいる状況。@hereは「ここにいる人ちょっとみんな聞いて」でZoom会議に入る時とか、使う時もたまにある。

くらいです。
「給湯室」ってチャネルがどこからともなく作られ、パブリックチャネルなんですが、CEOである私は見ないってことになってたり笑

小さいチームなんで、みんな好き放題です。多様性を大事にするからこそ、使い方も色々あっていいというのが基本精神。

しかし、チャットで炎上していることもしょっちゅうなので、もうそういう時は電話しなよと。Slackだけにこだわらずという感覚も大事だと思ってます。

当社には60歳超えてる方もチラホラ。でも普通に使ってます。誰でも慣れれば使える。移行期は苦痛もありますが、踏み込んでみる精神が大事だと思います。
NewsPicksの新連載「The Tools」。エクセルやSlackなど定番ツールの「あの人」の使い方、トップ企業が使っている最新クラウドツールなどを、グローバルに紹介していきたいというものです。

振り返れば、日本の労働生産性が低いことが叫ばれて久しくなります。そうした中、業務効率化を謳ったビジネスツールには、どんな思想が込められているのか。そういった部分にまで踏み込めるような連載を目指します。

初回拡大版として今週お届けする特集テーマは「Slack」。昨年末以来、アメリカでも日本でも様々な弊害までが叫ばれるようになっています。そんな視点も含めて、創業者CTOのカルさんにぶつけてきました。ご一読ください。
メールのスパムは本当にひどい。本当の迷惑メールはフィルタリングされるが、そうではない擬似スパムである。
それは、「名刺交換させていただいた方にお送りしています」という、メルマガという名を語った、「一斉送信の営業メール」か「一斉送信の俺通信」。
magazineというべき、クオリティにはなってない…。
特に「俺通信(おれつうしん)」は、男性には限らず、もちろん女性からもあるのですが、一方的に、「最近自分(あるいは自分の会社)はこうした、ああした、こう感じた」と送られましても…と。汗

大事なメールを読み落とすので、たまに一斉にアンサブするのですが、必ず聞かれる、アンサブの理由。
ひ、必要ですかね?
これもしょうがないので「ある日突然に送られはじめてきて、大事なメールが埋もれるので」と理由を書いています。気がついてくれるといいなと祈りつつ。

つまり、以下の理由だけでも、Slackは偉大です。

ーーーーー記事より
ただ、Eメールの大きな問題の1つはスパムメールです。誰でもメールすることができるということは、見たくもない、仕事の障害となるメッセージまで届いてしまうということですから。
一方でSlackという空間には、私が働いている会社や、提携している会社しか存在しない。スパムのようなメッセージは届きません。
Slackが何が凄いかって色々なツールとの連携機能が充実している点。
単なるチャットツールと思うと使い方を間違えるし、凄くもったいないです。

例えばウチの会社だと、システムや業務で何かのインシデントがあると、システム側ですぐにアラートが発せられ、特定のチャネルに流れるので、直ちに対応することができます。
インシデントだけでなく、例えば人材の応募でもほぼ自動でリアルタイムで採用チャネルに流れますので、採用もスムーズです。

また様々なプロダクトの開発も、社員全員がこんな機能が欲しいな、と思ったら@メンションで開発のタスクチャネルに流れ、CMOが適時開発の優先順位を調整していきます。
現在開発中のプロダクトについては、それぞれ専用チャネルが設けられていて、週一回の全体会議以外は基本的にここがプロダクトの意見を出し合う場です。
お陰で全体会議も余計な議論をする必要がなく、毎回定時で終了しますね。
もちろん実際の開発にあたってはgitlabの通知がエンジニアチャネルに流れるのは当然です。

私がよく使っているのは、業務に関係のあるワードをGoogleアラートで抽出して関連ニュースとして流しているチャネル。
仕事まわりについては新聞いらずです。
又私の予定は誰でも勝手にアサインすることができるルールになっていますが、アサインされた瞬間にGoogle Calendarに連携してダイレクトメッセージが飛んでくるので、忘れっぽい私でも大丈夫。

コミュニケーション面では定型絵文字以外に200種類のカスタム絵文字を作っていて、これまた日々増えているのですが、大抵のことは絵文字で済ませてしまっています。
例えば全員で決めるべきことは、絵文字を使って投票したりして使い方も様々です。

CEOの私が電話が大嫌いでデスクに電話もなく、携帯も撮らなということもあり、今ではSlackがないと1日も回らない会社になってしまいました。
Slack初心者としては、とても読みたかった記事です。日本でさらにブレイクするには、社有スマホのダウンロード制限の壁を越えることが求められると思います。弊社をはじめ新聞社の社有スマホは汎用アプリのダウンロードにとても慎重で、LINE使用の許可もかなり遅れました。今はSlackに似た特別のチャットアプリを使っています。Slackは部署ごとに個人のパソコンやスマホで使うという歪な状態です。それにしてもメールはもう鬱陶しいです。無意味なメールの大量処理にはほとほと疲れます。大切なメールの見逃しも頻発。ここにこそAIの力を借りたいです。
スマホでサクサク使えるのが魅力ですね。私もほとんどのプロジェクトでslack使ってます
こんなSlackマナーがあるなんて驚き。。。今、iPadのbattery usage を見たらSlackが70%で断トツ。それぐらい世界中の仲間と仕事をリアルタイムにする上で僕にとって欠かせないツール。ただ最近、利用中に落ちる事が度々ある。そして書いた文章が途中で消える事も。Slack様、改善を願ってます!
さすがにタイムリーな特集。なぜならテレワークには、対面でもなく、ビジネスメールでもない、ビジネスチャットによる新しいコミュニケーションスタイルが不可欠だから。それがうまく整備されていないと、いきなり2週間とかテレワークになったら業務が回らない。日本のテレワークは月に何回とか制限のあるものが多く、事前申請なども必要だったりと、単発の想定でしか運用されていないことが多い。新型肺炎の備えにはまだ遠いのです。
記事にもありますが、slackはあくまでツールであり人間関係の文化を変えるわけではないので、人間関係がそのままであれば「マナー」問題が起きるのは仕方がない。一方で、上司とでもスタンプなどでコミュニケーションをとれることで心理的には近く感じる効果はありそう。ローカリティが重要な「文字コミュニケーション」だからこそ日本についても色々と学んでいるのが印象的でした
一度使うとやめられない。スパッとではなく、徐々に離れ難くなる感じ
"目標の変更に伴って、チームや組織を迅速に連携させることができれば、組織的に俊敏(アジャイル)になるし、変化にうまく適応できます"