新着Pick
18Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これもヒロアカと同じでさ、いちいちクレーマーのいうことを真に受けて謝罪なんかしなくていいと思うんだよな。

ただ、謝罪した上で以下の部分は、批判者に対し「おめえら、いちいちうるせえんだよ。敵ばっか作りやがってバカじゃねえのか! 」というカウンターあててて笑う。

>フェミニストとは違う立場に見えても、障害や人種などの「差別」について怒っていたり、日本の働く環境などの「古い仕組み」に関しては改革しようとしていたり、自分の「身近なパートナー」に対してはフェアであろうとしたりする人もいます(ひろゆきさんについては、どう思われたでしょうか?)。

>会話を進めることで、「人権」と同様、「フェミニズム」も、誰もが自分の中で当たり前に持つ言葉にできないか、髙崎さんやハフポスト日本版の普段の読者の方とは正反対の思想を持つようにみえても、どこか小さなところでも共通点を見つけ、言葉は違っても、「同じ立場」から、社会を良くできないか。
結果、良いインタビューだったと思います。
ただ、大量の注釈こそが、ネットで目立ちがちな一部のフェミニストの攻撃性と危険性(を前編で受けてきたか)の証左。一部のフェミニストが、如何に限定的意見しか取り入れず、怒りのままに異論者を攻撃してくることこそが「多様性を尊重する」てあらゆる思想の根本にあるべき点を如何に欠いているか…僕は近寄りたくない人たちですね