新着Pick
50Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2019年のインバウンドは、ちょっと特殊な年でした。
旅行消費額というのは、「出発国から日本までの距離」と比例するんです。

遠い、欧米各国(飛行機で8時間以上かかる)からくる旅行者は、「遠いところをせっかくきたから」ということで日本に長期滞在なので、結果として、日本滞在中の消費額が大きくなります。

反対に、近い、例えば韓国(飛行機で2時間程度)からくる旅行者は、「気軽に何度も来られるから」ということで、日本に短期滞在なので、結果として、日本滞在中の消費額が小さくなります。韓国は、インバウンド旅行者の中で最も短期滞在で、約3日しか日本にいません。香港・台湾は1週間、中国本土は10日間いるのに、です。(ま、日本人も、韓国旅行は週末にも出かけるので、お互い様ですが、、)

2019年は、ラグビーワールドカップ開催により、前者のお客様が、欧米各国から多く来て増えました。 と、同時に、日韓両国の関係性悪化により後者のお客様が、LCC減便なども相次ぎ、とても減りました。

消費額が大きい地域からの来訪が増え、消費額が小さい地域からの来訪が減り、全体の人数は伸びたので、こういう結果になりますよね。
2019年の訪日外国人消費動向は7年連続の増加で4.8兆円に。

中国がもっとも多く1.8兆円(全体の37%)、台湾が5.5千億円、韓国が4.2千億円、香港が3.5千億円、アメリカが3.2千億円で、これら5カ国で7割を占めています。

1人あたりではオーストラリアがもっとも高く24.9万円、英国、フランスと続いています。

私は訪日台湾人を対象にしたサービスを展開していますが、台湾の全人口は約2378万人で、そのうち476万人(2018年)が毎年訪れる親日の国ですね。

今年はオリンピックでまた増えることや、日韓関係の悪化、コロナウィルスの関係などまだ2ヶ月で様々なことがおきてますが、今年はどうなるのかな。
まあ、昨年のインバウンド消費すなわちサービス輸出は4.8兆円でしたが、うち中国人だけで1.77兆円を占めてました。
このため、例えばここが半減とかしてしまうと、それだで0.9兆円近い旅行収支黒字の縮小要因となります。
インバウンド消費4兆4千億円のうち27パーセントがGDPの割合では16%の関西で、しかも関西のインバウンド消費の約4割が中国からのお客さん。「新型コロナウイルスの感染拡大による中国人観光客の減少」は、人口減少による消費の落ちをインバウンドのお客さんが支えて来た感なきにしもあらずの関西地区、そして我が生まれ故郷でもある大阪に大きく響きそうで心配です・・・ (/_;)
インバウンド消費は減りますが、アウトバウンド支出も減るので、1年を通してみればそこまで深刻なマイナス影響にはならないかもしれません。
2019年度の旅行収支が2兆6350億円と過去最高を記録したとのこと。日本経済にはありがたいことですね。

しかし、新型コロナによって、観光収入のウィルスリスクが浮き彫りになりました。一番日本にお金を落としてくれる中国人観光客が激減。

こうなると中国人観光客のありがたみがわかります。