新着Pick
212Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人生を思いっきり愉しむ勇気があるかどうか、ってことなのだと思います。
そういう方は、人生を豊かにユニークに生きられていると思います。
>人生をかけ、泥臭くも一心不乱に夢を追いかける彼らの生き方
>この川を“飛び越える勇気”があるかどうか
連載「シゴテツ -仕事の哲人-」、レオス・キャピタルワークス社長・藤野英人氏の第4回です。野村投資顧問(当時)に“腰掛け”のつもりで就職。そこに海千山千の中小企業経営者がやってきて、藤野青年から資金を獲得しようと手練手管を使います。いつしか経営者たちに魅了されていき、自分と彼らの違いは何かと考えます。
---
「老後資金は国や会社任せにせず、自分でコツコツ備える」という考え方が広がりつつある。この分野の牽引役となってきた一人が、レオス・キャピタルワークス社長の藤野英人氏だ。

12年前に積立型投資信託「ひふみ投信」をリリースし、日本の各地に眠る成長企業を発掘・応援しながら、個人の資産形成をサポートする。「R&Iファンド大賞」の“常連”になるなど実績の評価も定着し、昨年秋には海外株式に投資する「ひふみワールド」をリリース。最新刊『投資家のように生きろ』(ダイヤモンド社)がヒットを飛ばすなど、その生き方や価値観に共感するファンも多い。

過去の自身について「とにかく嫌なヤツだったんですよ」と笑う藤野氏の波乱含みの半生と仕事の哲学を聞いた。(全7回)
人の数だけ正解があり正義がある。川を飛び越える勇気がある。中小企業経営者を応援する投資運用会社をつくる。それで、日本を元気にする。

そういうことに気がついて、行動を起こして、起業し立派な運用会社に育て上げた。それだけで偉大と言うしかありませんが、「腰掛け」のつもりで就職しただけの会社でも目の前の仕事に没頭した、本気で楽しんだからこそ「天職」に出会えたんですよね。

藤野さんの言葉はいつも素敵です♪
特殊な経験のようにも見えるけれど、意外といろんなところで似たようなことはあるのかもとも思います。
こういう経験を自らの糧にできるかどうか、というのはその人次第。
「彼らは新人の私を教育する気はまったくなく、ただ一心に「資金獲得するため」という目的のためにやってきます。
投資会社の社員になんとか取り入ってお金を出させようと、時に泣いたり、わめいたり、机を叩いて激高したかと思ったら、蕩々と昔話を始めたりと、あらゆる手練手管を使ってきます。キレイゴトではない、リアルな
ビジネスの一部始終を聞くのは、私にとって最高の勉強になりました」

経営者もカラフルだし、人それぞれがものすごくカラフル。
「世の中にはいろんな経営者がいる。ものすごくカラフルだ。何が正解とか正義とか、決めるのはとても難しい。人の数だけ正解があり、その人が信じる正義があるのかもしれない」
藤野さんは地方の中小企業応援の神のようになっています。「ヤンキーの虎」は必読です
"私は将来、彼らのような中小企業経営者を応援する投資運用会社をつくる。それで、日本を元気にする"
本内容とずれますが、よく「飛び越える勇気」があるかどうか、というインタビュー内の回答があるんですが、個人的にはここでもう一歩踏み込んで、なぜそれが出たのか、どういう背景からそれが決断できたのか、聞いていって欲しいです。結構そこが重要だったりするので。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。