新着Pick
268Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
楽天カフェは本当に素晴らしい試みだと思う。一刻も早くいってみたい。いままでのO2OはOnline to Offlineが中心だったけど、これからはEC系企業のOffline to Onlineがトレンドになるのだろうな。
---
マダムシンコのバウムクーヘン「マダムブリュレ」や玉華堂の「極プリン」など、インターネット仮想商店街「楽天市場」の人気商品がネットと同じ価格で味わえる。
リアルの安心感は大きいだろうな。大胆なo2o事案。ここなら楽天経済圏をまさに具現化して体験、カスタマーを入れ込んでいける。
いわばアンテナショップか。ショールーミングの逆というのは皮肉というか、現物確認のニーズを改めて感じるというか、なんとも複雑な気分。
飲食ビジネスで考えると、お取り寄せスイーツの提供とかだけだとどんなに価格高くしても回転率悪いからペイしない。仕掛けとして変動費も高めになるし。
ということで、狙いはカード加入者像と金融商品契約増でしょう。お取り寄せ品をその場で発注してもらったり、Web市場への誘い込みも忘れてないけどね…的な。
でも、利用者としてはそんなの関係なく、一度は行ってみたいよね!
オムニチャネル戦略は各社必至。
そしてこの立地はカンバン買ってるようなものですね。物珍しさが無くなってからが勝負。このコストがネットの方にどう影響していくか。
中島さん、ずっと入り口でご挨拶されてたけど、仕掛け人なのか。応援します!

オンラインの会社って、こういう形でオフラインに来るわけね。そうなのね。
広告媒体としてすばらしい
先程渋谷の楽天カフェの前を通過。結構混んでますね。まだ始まったばかりからだとは思いますが、私には比較的若くて情報に敏感そうな人達が並んでいるように見えました。ネットで物を買うことへの抵抗感を払拭することが楽天の狙いなのだとすると、比較的シニア層の集まりやすい街での展開がはまったりするのかな?
リアルからネット、ネットからリアル、川下から川上、川上から川下など、伸びている会社さんは強みを活かした上で柔軟ですね。
食べ物だけでなく、IKEAのカフェのように家具や雑貨も商品で揃えられれば、モールが手がけるらしい店になりそう。まさに、showroomingだ。