新着Pick
300Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
汚職をする人というのは、一族郎党や地元に提供する資金を確保しようとする人です。ほとんどの場合、何も自分がぜいたくをしたいわけではなく、自分の親族や出身地、部族、同じ宗教の宗派、といった人々の生活をできるだけよくするために、あの手この手で資金を確保します。
 それでは、汚職をする人は一族や出身地や部族や宗教を思いやる良い人かというと、それは違います。国民に広く行き渡るべき富を、自分に近い人々にだけ提供しようとするのが汚職です。汚職をする人は、周りの人々からは、思いやりのあるいい人、立派な人と本気で言われる場合も多いです。それ以外の人々から見ると、国民全体の富を奪う泥棒です。長い目で見れば、民族間や宗教間の対立の原因をつくっていることにもなります。
 汚職をする人にとっては、自分の民族や宗教が第一で、国民全体などというものは実質成立しておらず、二の次三の次なのです。そういう国は、世界でも大多数です。鎌倉時代と同じで、つまり実質的には封建制です。パキスタンでもフィリピンでも、国会議員や知事というのは封建領主が看板を掛け変えただけのものである場合が多いです。
 汚職の財源は、世界的には、土地(公有地の払い下げなど)か、そうでなければ天然資源である場合が多いでしょう。そういう意味で、世界で最も汚職が行われている国はサウディアラビアと思いますが、絶対王政の国だと、何ら違法ではなくなります。
 汚職はこの記事でいう信号を守るかどうかと同じで、上が汚職をする国では、(自分だけ信号を守って時間をロスするなど無駄だ)となります。誰もが信号を無視するようになると、信号は機能しなくなります。警察官や村役場、電気代の支払い、学校の入学など、事あるごとにワイロを要求するようになり、近代国家は機能しなくなり、近代的システムは経済発展にも生活向上にも役に立たなくなります。
 汚職が無くなるには、社会が抜本的に変わるしかないでしょう。東京のサラリーマンは、地元代議士に生活の諸問題の解決を期待したりしません。出身県や宗教団体に依存して生活する人も少ないです。汚職が無くなるということは、個人が経済的に自立すること、地縁や血縁、宗教から決別するのと同義です。
私のいるフィリピンも汚職が酷い国で有名です。
汚職をしている人間はワイロをもらうのが当たり前だと思っていますし、払うほうもはじめから想定しています。
しかし、ドゥタルテ大統領になってから変わりました。
先ず、そして、公務員や警察官の給料を上げてワイロをもらわなくても生活できるようにしました。そして汚職を徹底的に取り締まったのです。
完全になくなったとは言いませんが、だいぶ良くなりました。
強いリーダーがいれば汚職はなくせます。
ルールを守ることをの大切さを、「パントマイム」で徹底させたコロンビアの事例はとてもユニークです。

信号無視に「ダメね」カードを掲げさせることで、信号順守が数週間で3倍、数年後に殺人が70%も減少したそうです。

小さなルールを遵守させることで、大きなルール違反がなくなる。日本でもこの運動を広げたいですね。
”インターネットが発達した現代では、ソーシャルメディアの技術によって、これまでよりも素早く共有知識のネットワークが築ける。” これが重要。東南アジアではまだ汚職はよく見られる傾向。ただソーシャルは発達しているので強いリーダーと市民が一体化できれば一気に改善される可能性はあるかと。
Old people like 汚職 in general. Young and well-educated people(=途上国)は分かってる、と毎日こういう現場に居合わせている身として感じます。
ラテンアメリカではそれほど汚職を日常的に感じることはありません。

政府の上の方で大企業との癒着があるのは最近の汚職事件の解明でも明らかになっていますし、いまもいろんなところにあるんだろうなあと思いますが。

ロビーイングや政治献金は汚職を法整備したという印象があります。その分透明性も高まるし、プロセスも明確になるので良いとは思いますが。

ブラジルは日本から20-30年遅れている感じはしますが、クリーン化の方向に進んでいると思います。
この連載について
忙しい現代人こそ、読書が必要だ――。 近年、教養を身につけることの重要性が叫ばれているが、意欲はあっても、読む時間を十分に取れないビジネスパーソンが多いだろう。NewsPicks編集部は、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に、話題のビジネス本の要約をお届けする。1冊約10分程度で本の中身を理解できるもので、まさに現代のビジネスパーソンにぴったりの内容。週末のひとときで新たな知識を手に入れてほしい。