新着Pick
429Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
約一年前(2019/4月)のコメントのコピペ。

——

【ファクト】
・昨年2018年4月に強気の業績予想と中計の発表。同時に、前澤社長からの自社株買い発表(株価3,845円で前澤社長は保有株式を会社に売却)
 ↓
・9ヶ月後の2019/1に業績下方修正
 ↓
・2019/4/26現在の株価は1983円

---
【感想】
事業にはリスクがあるので、経営が想定よりうまくいかない・業績の下方修正をしてしまうのは、一定仕方がないです。

しかしながら、この強気の業績開示で市場の期待値を形成し(←どういう想定と前提で策定した業績見込みなのか)、創業者社長は高値で株式をマネタイズ、その後すぐに下方修正にて株価は半値になってしまったは、今後語り継がれるべき上場スタートアップ経営と資本市場のケーススタディだと思います
本当に良い経営者の辞め方とは辞めた後の業績や株価が良い、逆も真、それが世の常です。
結果的に前澤さんは早めに株をバルクで売却して大正解だったという事だ #zozo #日本株
今の経営陣や社員は、なんとも悔しいでしょうね。
必ず、前澤さんのいた頃と比較されてしまうのが何より悔しいですよね。

企業存続には終わりなし。
まだまだアップダウンはあるとおもいますので、引き続き、業績回復に向けて頑張って欲しいです。
下記資料見る限り、売上高自体は微増だし、減益原因のゴルフは全体の1%以下と極めて限定的インパクトですね。

つまり、今までの株価は本業実態よりも前澤さんが何か面白いことをやる、というワクワク度だけでも数千億円分の価値があり、そこにブレーキがかかりつつある、とみえます

19年度3Q 決算説明会資料
https://d31ex0fa3i203z.cloudfront.net/wp/ja/wp-content/uploads/2020/01/jp_2020_3Q.pdf
決算読み解くと、GMVは伸ばしているが取扱高対比の販管費割合が増加しているの利益減少の要因。その中でも前期と比較し特に増しているのは人件費、物流関連費用、プロモーション費用の3項目。人件費はバイトの時給アップ、物流関連費用はGMVが増加している事による投資、プロモーション費用はARIGATO施策の影響がまだ残っている模様。ゲスト購入者数は微減しているがアクティブ会員購入者数は伸ばしている。成長期から成熟期に入っているという事。アクティブ会員の年間購入金額および点数は微増している一方、会員登録から1年以上経過している会員の年間購入額と点数がそれぞれ微減と増減なし。
ZOZOにとっては創業者が去りこれからが本当の勝負。色々叩かれているが、アパレルECにおける絶対的ポジションに変わりない、守らず攻めて欲しい。
日本がもっと多様性に寛容な社会になることを望む私としては、確かにエキセントリックな方ですが、世間の前澤叩きを嫌な感じで見ていました。しかし、森プロピッカーのコメントが本当であれば、前澤さんにはがっくりです…

アメリカなら、訴訟沙汰になっていてもおかしくない…
先週行われた2019年10-12月決算発表を受け、ZOZO株が下落。年初来安値を更新しています。マイナス13.22%の1,582円で本日の取引を終えています。

【2020年3月期第3四半期 決算短信】
http://bit.ly/2RTO2tO
【2020年3月期第3四半期 決算説明会資料】
http://bit.ly/36YfgUM
【決算説明会補足資料】
http://bit.ly/37UrzT1
結果論ですが、ZOZOSUITやPBで話題性を振り撒いてるときが株価のピーク。
そこで自分の株を会社に売却したということは、ZOZOSUITやPBの失敗が目に見えていたのでしょう。
売り抜けは結果論だった。と信じたい部分もありますね…
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
5,027 億円

業績