新着Pick
230Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
減益より減収(360億→346億)の方が気になる。
GMVは940億円→943億円と僅かに増加、なのでテイクレートが38.3%→36.7%と低下。テイクレートの対前年同期比の減少は今に始まったわけではないが、これまではGMVがYoY+10%以上で伸びていたが、それがなくなった。つまり出展者の取り分を多くなっている(=魅力が上がる)にも関わらずGMVは伸びておらず、チャネルの魅力として購買者・出展者から見て下がっている可能性。
前年同四半期からの売上減の大部分はPB事業(16億→2億、それ除けばYoYで売上はフラット)だし、PB事業はテイクレートかからずに売上に直接効いてくる。ただ通常のモールが伸びていないという見方もできる。

決算資料:http://bit.ly/37MwHJ7
残されたものは重荷になっているようですね。
「PGAゴルフツアーやバスキア展などの大型プロモーション費用」
ピンチはチャンス。
こういう時こそ踏ん張り時。
頑張って欲しい。
減益ではあるものの、このトップライン、営業利益、利益率は苦しいアパレル産業で、と考えると依然として凄い数値では。
経営陣も変わり、大きな変化のタイミング。このタイミングでチャレンジしていけることは社員の人にとって、プラスな経験。
天候に左右されて減収ってことはサチってるってことじゃないかな。
暖冬要因じゃないの?
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
4,522 億円

業績