460Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このリスクというのは現状についてその都度評価して修正するものであり、「過去の判断が誤りだったと認めた」というような話ではないので解釈には注意が必要です。ただ「日報では誤って中程度と表記していた」というのはそんな凡ミスがあるのか?よくわかりません。

なお、ややこしいですが数日前に注目を集めていた「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」を宣言したわけではありません。過去にPHEICが宣言された事例は以下の通り。
・2009年4月 豚インフルエンザA(H1N1)(新型インフルエンザ)
・2014年5月 野生型ポリオウイルスの国際的な拡大
・2014年8月 エボラ出血熱の西アフリカでの感染拡大
・2016年2月 ジカ熱の国際的拡大
今後PHEICが宣言されるかどうかは国際的にどのように広がり、どれほどの重症度かを見極めてからの話になるでしょう。いずれにしても個人レベルで行うべき行動には変わりありません。
当該の日報は以下。訂正は脚注にあります。これを見るだけでは、「判断の誤り」なのか「誤記」なのか、判断がつきかねます。
https://www.who.int/docs/default-source/coronaviruse/situation-reports/20200126-sitrep-6-2019--ncov.pdf?sfvrsn=beaeee0c_4

WHO日報によると潜伏期間は2〜10日。すでに武漢から500万人が市外に出ていると報じられており、2月初頭までは感染者増は想定内と考えられます。問題はそのあと。感染拡大がその後も続くようだと、ウイルスの感染力が高まってヒトヒト感染が続く事態を考えなければなりません。

(追記)報道によると、WHOは「事務的ミスで、判断の変更を意味しない」と説明しているようですね。
過去の検証は後にして、これ以上感染拡大しないよう、今後の対策に万全を期してもらいたい
われわれはソーシャルメディアのおかげでWHOの判断前に高リスクウイルスだと気づくことができてたと思います。当然WHOの判断は重要ですが、個人の判断はそれがなくともできるはず。
WHOのトップはエチオピアの方。
中国にしん酌しているのは、中国はエチオピアへの最大の投資国だからだと感じていました。

この「高」への変更は、明らかに後手では?
コメントの中にあるように、「リスクは高いが緊急ではない」という表現は、意味不明。「リスクが高いことが判明した。皆さん、緊急事態です」と言えば 意味が通じる。
SARSの時も収束まで半年かかりました。もし今回の新型コロナウイルスが同等なものになったとするならば、東京オリンピックへの影響も計り知れないでしょうね。
思いのほかコロナウィルスの影響が深刻です。経済活動も大きく停滞。株価も大きく落ち込みました。

日本経済への影響も深刻です。コロナウィルスなどの発生は、気候変動によるものかどうか。自然の脅威に、テクノロジーはまだ対応できていません。
なんだかな… >WHOは27日、中国の新型コロナウイルスが世界に及ぼすリスクを「中程度」と評価したことは誤りだったと認め、「高い」に修正した。ただ、今回の評価修正は「国際的な公衆衛生上の緊急事態」の宣言とは異なる。
世の中の多くの人は、リスク高だと思っていました。

その一方、WHOも医師も公表事実からすれば、リスクは中だと言っていました。
もちろん、混乱を避けたいという気持ちはあったのかもしれませんし、WHOの発信によって手遅れになった訳ではありませんが、今更感はあります。

警戒することは大切なことなので、警戒感をもっと促す発信をした方が良かったのではないかと思います。