新着Pick
312Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
色々な観点から、日本が通信分野の5Gや6Gで米中に優位に立てるとは思えません。
人口や購買力など、両国には及ばず、また規格作りも得意ではないからです。

それよりも別の特定分野で伸ばすのが良いと思います。
その一つは暗号です。
暗号の分野の研究は日本は強いですし、また、通信においては必須になります。
例え、機器にバックドアが有っても、解読されない暗号をつくる、もしくは、次々と打ち出していくことが重要ではないでしょうか。
今回の肺炎でも中国では5Gネットワークを活用したリモート診断に取り組んでおり、具体的な実用化事例が出てこないとなかなか難しそうです。

ZTE 5G gear lets China’s experts remotely diagnose Wuhan coronavirus
https://venturebeat.com/2020/01/27/zte-5g-gear-lets-chinas-experts-remotely-diagnose-wuhan-coronavirus/
10年ごとのモバイル世代交代。早くも6G戦争へ。だけど[日本勢が最も輝いていたのは、3Gの商用化の時]。日本はその時、キャリアが世界的にリードしながらも、端末メーカーは国際展開に失敗。その後4G-スマホの時代となり今に至る。ただ、5Gは4Gまでの人同士のコミュニケーションを超え、モノ同士をつなぐ歴史的な転換でもある。競争・連携のエコシステムも変わる。これを次にどう展開するか、町田徹さんが指摘するとおり、国際政治色も帯びるテーマです。
アホか。無理だよ。
5Gで中国排除に失敗したのでアメリカは6Gへの移行を急ぐだろう。
日米地位協、うわなにをするやめろ
株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社 (NTT) の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
11.6 兆円

業績