新着Pick
234Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
学びの多様化。いつか自分に子供ができた時、こういう選択肢をちゃんと見せてあげられる親になりたいなあ。

他所さまのこととして「面白いね、いいね」と言うんじゃなくて、心の奥底からそう思える自分かどうか、少し私は私のことが不安になりました。
通信だけじゃなくリアルでもこういう学校が増えてほしいと心から思う。だって自分が今やりたいことが試しに出来る環境がないとアジェンダ設定ができる人には育たない気がするから。
「自分に何ができるかを見つける場所」でもあると思うけど、「自分に何ができるかを見つけた時(それが今後変わったり追加されたりする時にも)、極めていく道のりを何度でも歩める力を得る場所」であると思いました。
2016年の開校当時は色物扱いしている人も多かった印象ですが、今は完全に市民権を得ましたね。様々な学校の統廃合が進む中、既存スタイルの学校はN高を本当に恐ろしい存在だと思っていると思いますよ。一番の驚異は受け入れられる生徒数に物理的制限が無いことですね。ほぼ全ての学校は本当にカツカツの予算で経営しています。そんな中、生徒の人数に制限が無ければ授業料の確保だけでも桁違いな筈。予算があればそれだけ優れた授業コンテンツも揃えられる。授業コンテンツも内容によっては長期間に渡って使いまわし続けられるので、実は物凄く低コスト。後は巣立った人が社会でどれだけ活躍できるかですが、既に素晴らしい実績が出始めていますね。

そういえば一期生にkenkenが居たと思いますが、無事卒業したんだろうか・・・。
バーチャル+リアルで1万2千人の学生が通うN高は、もう一つの進路を提供する学びのイノベーション。iUも連携してまいります!
「何かができる人材」になるためには、自分には何ができるのかを知る機会がないと自分にできることは分かりません。これは経験して自分との相性や人からの評価を得ないと知ることもできません。この経験は早ければ早いほどいいです。

画一的で一律の学びから、このようなことを考えるのは難しいです。通信制で高校レベルの知識習得を担保しながら、自分が発揮できる何かを探す時間を確保するN高の学習スタイルは、時間がどんどん希少になっていく今の時代に適合した新しい選択肢です。生徒数が伸びているのも頷けます。
ベーシックプログラムにプラスαの学び。「何かができる」という自己効力感を養う。学ぶ習慣をつくることも大事ですが、ミネルヴァ大学のようなモデルも広がってきているし、これからの学校教育のあり方に一石を投じる動きですね
「プロとしてのスキルの原点は「好きだ」「やってみたい」という気持ちだったのではないでしょうか」。本当にそう。だから会社名で選ぶ型の就職には違和感なのですよねえ。
「高校どころか大学にもなんとなく進学し、4年間をなんとなく過ごして社会へ出る人もいます」
なんでもない日常が大事ではありますが、目的意識がはっきりしていて勉強したいことも明確だと大人になって大きく違ってくるのだろうなと思います。反面、そのためには捨てるものも必要で若い時点でそこを意思決定して行くのはなかなか大変だろうなと思います。
学ぶことについて、効率はいいと思う。あとはアクティブラーニング的要素を選択できるといいのかもしれない。
カドカワ株式会社(英語: KADOKAWA DWANGO CORPORATION)は、2014年10月1日に設立された日本の持株会社、出版社。ドワンゴとKADOKAWAを傘下に持つ。2015年10月1日より、KADOKAWA・DWANGOより社名を変更。 ウィキペディア
時価総額
966 億円

業績