新着Pick
276Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
村田製作所は他に、センシングデータプラットフォーム「NAONA」①を会議向けのデータソリューションとして提案している。社長インタビュー②では、村田社長が以下のように発言している。この種のデータソリューションビジネスを展開しつつ、今後も本業の軸足が変わるわけではないだろう。
センサーは実装段階ではただのコスト。採取したデータを活用してこそ価値が出るので、そこと関わりたいのは良くわかる。

「当社も、ソリューションビジネスをやっていないわけではないんですよ。「NAONA(ナオナ)」という、人間同士の場の雰囲気や盛り上がりをセンサーでデジタル化して見える化するソリューションもあるし、交通量を分析するソリューションも始めました。バイタルサインのようなヘルスケア領域のデータを分析するサービスもやっていますしね。
でも、それが10年後に経営の柱になっているかと言われると、そこまではいかないだろうと思っています。」

https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1910/23/news045.html
https://newspicks.com/news/4507111/body/
突然始めたのではなくて、3年前から交通量データ等を収集する「トラフィックカウンタシステム」を開発、実証実験を行っていたみたいですね。
実証実験の段階は終了して、本格的にデータ事業として収益が見込めると判断したのでしょうか。インドネシアとタイで参入するのも、実証実験の結果と思えば納得出来る。

ITmediaの記事にあるとおり、主力事業とも間接的に関わってくるのかな。

『村田製作所が挑む交通インフラビジネスとは (1/2) - ITmedia ビジネスオンライン』
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1701/06/news021.html

 “トラフィックカウンタシステムについて、津守氏は「本業になる事業ではないが、市場ニーズの把握に役立てることができる。センサーなどの製品開発につながる知見を得られれば」と期待する。”
〈追記〉Nakanoさん、Nakamuraさん、有難うございます!手掛けるが、経営の柱になるほどは見込んでいるわけではない、と。下記の通り、ビジネスモデルも違うので、そのなかでどれくらいまでやるか注目。〈追記終〉

村田はいままで部品領域から出ていなかったと思う。そのなかでの取り組みだが、一方でビジネスモデルが全く違うなかで吉と出るか凶と出るか。
村田製作所がデータビジネスを開始とのこと。これができるということは社内データの整備を進めていたということ。いずれデータの利活用が進めば様々な用途がでてくると思いますが、まずはしっかりと自社の基盤整備とニーズの高い広告向けにデータ提供し、将来に備えるのが今の日本企業にできることだと思います。

‘’例えば、乗用車が多い時間帯は家族連れが多いと推測し、子供向けのおもちゃの広告を流すなどデジタルサイネージの効果向上につなげる。「東南アジアでは屋外広告の成長率がネット広告並み」(同社)といい、需要が見込めると判断した‘’
このように法人向けのメーカーがデータ事業に参入しようとするケースはよく相談されます。
特に問題があるのは、こういった機器を誰が広めてくれるのかということです。

村田製作所は東南アジアで取り組むとのことですが、この取組を仮に日本で展開するならば、
一番良いのは、電力会社または電話会社と組んで電柱を利用するのが良いでしょう。
電柱は双方の会社にとって、コストがかかるものの事業に必要なものです。そこから副次的な収益が生み出されるのはプラスなことです。
更に、両社ともデータ活用ビジネスにはとても興味のある会社です。

電柱は日本全国に数千万本あり津々浦々に張り巡らされています。
更に、一定期間でメンテナンスを行うので、その際にセンサーを取り付けて行くのが良いと思います。
しかし、センサーを張り巡らすまでに時間がかかるのが問題です。

また、日本でやるとすれば交通量や大気汚染物質だけでなく、人自体をモニタリングし、犯罪者を捕捉できると良いと思います。

もし早くできていれば、ゴーン被告の動きも察知できたでしょうね。
モノづくりから、ソリョーション事業、サービス事業へ。村田にとっては新規のビジネスモデルでどこまでいけるか。パートナリング、アライアンスが重要かもですね。

サイネージの効果測定はそれこそ10年くらい前から顔認証など様々なPoCが行われてきたが、まだ確立されたモデルはなく、大きな可能性がある市場。
これでインドネシアの渋滞がマシになればいいな〜。

ただこういうのって現状測定-課題認識-施策策定-実行までやらないと意味なくて、インドネシアって他国と比べてホント実行まで時間がかかるのよねぇ。。。

すでにガバメントと握っていたり、実はGrabやGojekとディールを巻ける寸前だったりするのであれば、ある程度進みそうではあるけど、どうなんでしょ。
加工しない生データの価値はどこまで…「自動運転技術に用いる高性能センサー…などを搭載した機器を路側帯や歩道橋などに設置し…まずは広告代理店などにデータを販売する」
もう単なる電子部品メーカーではない、NAONAがプラットフォーム
株式会社村田製作所(むらたせいさくしょ、英語: Murata Manufacturing Co., Ltd.)は、京都府長岡京市に本社を置く電子部品の製造ならびに販売をおこなう企業である。TOPIXcore30の一社に選ばれている。電子部品専業メーカーとして世界トップクラスに位置している。 ウィキペディア
時価総額
4.60 兆円

業績