新着Pick
1589Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
設計にビャルケ・インゲルス!
楽しみ!
スマートホーム(呼称はいろいろとあるでしょうが)で、日本の住設メーカーが犯した愚(ユーザー無視、独自仕様で使いにくく拡張性がない等)を繰り返さないで、国内を前提とせずに世界を見据えた規格を作ってほしい。

https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/31170943.html
「街の建物は主にカーボンニュートラルな木材で作り、屋根には太陽光発電パネルを設置するなど、環境との調和やサステイナビリティを前提とした街作りを行います。」
個人的にはここに注目しています。
CLT工法の告示化や、木造耐火の認定が進んでいることにより、中高層木造建築は、技術的には普及の段階に入ってきていると思います。
ネックとなっているのは、法定耐用年数(減価償却に関係する耐用年数 木造は22年)とコストかなぁと。
これを機に、もっと柔軟な法定耐用年数の設定ができるようになってほしい。
また、林業インフラの整備等も重要かと。
国産木材の流通が進まない限り、輸入木材の消費ばかり増え、結果的に山林の保護も進まないと思います。
スマートシティは自治体でも良いし、民間企業でも良いが、誰かが強力なリーダーシップの元に進めないとうまくいかないと思っていた。中国は国家主導だし、トロントはGoogle主導。日本のスマートシティ構想はどうも小粒。複雑なステークホルダーとの調整に苦労している様子が窺えるし、ビッグピクチャーが描けていないように思える。なので、以前からトヨタが自分のお膝元でやれば良いと思っていた。トヨタ未来創生センターでスマートシティの事業は進めていたし。
CASE、MaaSを包括したスマートシティ事業が世界的に重要な競争領域になりつつある。それを主導しているのがIT企業群である。
「コネクティッド・シティ」はモビリティの進化が起こす暮らしの変化を先読みし、自動車メーカーが主導するスマートシティのOS、データベース、AIのプラットフォームづくりで世界的な競争力の確立を目指したものだ。スケール的に世界規模のプロジェクトに匹敵する有力な実証実験となりうる。
今回の大きなポイントは東富士工場跡地という私有土地を活用し、既存の規制にとらわれない先進的な開発、実証を素早いスピードで回せること。Alphabetや百度に半歩出遅れたところは十分に挽回が可能だ。
ビャルケ・インゲルス氏が都市設計を担当するのも、凄い話だ。
これは面白い取り組み。
トヨタにとって静岡はスズキやヤマハもありますし、シズコンバレーと銘打ってスタートアップの誘致などもやっています。県内には熱海などの観光地もあり、スマートシティにはもってこいかと思います。
CES2020 Toyotaのプレゼン、事前に噂が出ていた通り豊田章男社長の静岡に作るToyota woven city の発表。2021年から着工。デザインに思いっきりシフトしていてビジネスモデルがパートナーシップに依存する様に見えます。かなり衝撃的で、吉と出るか凶とでるか、、 
斜めに構えるとデザイン会社に振り回されてる感じもします。
都市のOSを取りに行こうとしてるのかもですが収益源まで買収するなどして抑えなければ真似される可能性が高いです。裏では進んでいるといいのですが。
スマートシティは、このケースやトロントにおけるグーグルや中国深センのようなグリーンフィールド(何もない更地)で進めるケースは、今後多くの企業を中心に立ち上がってくるでしょう。

一方で、既に都市基盤が出来上がった都市をスマートシティへとレトロフィットで更新するブラウンフィールドをどうするかというのが、日本のようにスマートシティ化で解決しうる多くの都市課題を抱える国にとっては重要となる。

その際に問題となるのは、及川さんも指摘する主体がだれかという問題と都市としてのグランドビジョンの作り方、さらにはレトロフィットによるスマートシティ化が果たして「誰得なの?」と言った場合の開発資金、つまりファイナンシング、そして開発後の運営。

スマートシティはテクノロジー観点ばかりにフォーカスされがちですが、個人的には上記のような問題に今年はフォーカスして行きたいと思っています。

(とは言え、このトヨタのスマートシティはビャルケ・インゲルスの手になるものとして、これはこれで注目)
詳細が発表されました。
「「Woven City」(ウーブン・シティ)と名付け、初期は、トヨタの従業員やプロジェクトの関係者をはじめ、2000名程度の住民が暮らすことを想定」
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/31170943.html
 これは静岡の新名所になり、外国から見に来る人も増えるでしょうね。

裾野市につくるということですが、静岡県の中では東部、神奈川に近く、沼津や三島があるあたりですね。JR御殿場線が主な交通手段で、南へ行くと東海道線も通っているし、交通の便はそれほど悪くないところですが、人口密集地域ではありません。
 静岡市や浜松市のような県内の主要都市ではなく、小さめの自治体で実験的な試みをするということでしょうか。
 イメージ映像を見るとコンパクト・シティをつくるような印象を受けます。トヨタの東富士工場跡に造るとなると、最寄り駅は岩波駅ですが、このあたりにはそれほどの人口が集まるだけの産業がありません。トヨタが新たな生産施設をつくるのか、それとも、富裕な退職者向けのコンパクト・シティでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=CDGVJOnAY34&feature=youtu.be
 自動運転などの実験については、シティというよりむしろ過疎地域において実験を行うこともできる自治体といえるかもしれません。
ハードインフラが中心に語られていますが、地元の静岡銀行にとっては金融インフラのパイロットプロジェクトとして千載一遇のチャンスでは。
CESでトヨタからコネクテッドシティの発表。プロジェクトの関係者の家族含めた2000人程度の住民が暮らしだすとのこと。どんな生活になるのか体験しに行ってみたいです。詳細はこちら↓

https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/31170943.html
地元なので楽しみ
静岡県内の平均年齢で見ると、あの辺りの長泉、御殿場、裾野あたりは若いエリアです。いろいろ発展しそう
https://sumaity.com/town/ranking/shizuoka/age/
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.0 兆円

業績