新着Pick
30Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
繊維・アパレル産業は、既にSDGsや脱プラスチックの流れを無視できない状況にあると言えるでしょうが、エコ意識の高まりに関しては他にも色々な後押しがあり、これらへのニーズとうまく調和させて変革を起こすことに期待したいです。

・ナチュラルブーム・・・環境負荷物質使用の排除、動植物の持続可能性配慮 等
・エシカルブーム・・・ファストファッションへの反発、動植物の持続可能性配慮 等
・シンプルブーム・・・製造工程の簡易化、リサイクル性の向上 等
・和ブーム(インバウンド増加、東京オリンピックの影響を含む)・・・生分解性素材への切り替え、PET再生繊維和紙への切り替え、リメイク 等

PETボトル由来のリサイクル繊維利用の拡大にあたって、再生繊維を作り出すコストが課題として挙げられています。そして、PET再生繊維を含むプラスチック繊維をさらにリサイクルすることにも、今後期待が高まるでしょうが、現状では加工剤・添加剤・混紡・異物などの要因がマテリアルリサイクルを阻害しています。

ファッション性を維持しつつ、これらの阻害要因をいかに排除するか。事業者の努力に注目し、正当に評価を行っていく必要があります。
帝人フロンティア株式会社(ていじんフロンティア、英称: TEIJIN FRONTIER Co., Ltd.)は、帝人系の商社である。衣料製品、繊維原料、インテリア関連製品、建設資材、樹脂製品、フィルム製品などの輸出入取引及び国内販売を主要事業とする。 ウィキペディア