新着Pick
376Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フード×テクノロジーのフードテック領域ですが、如何に情報を集めて活用し、顧客の利便性高めつつより省人化で店を成り立たせる取り組みが進んでいます。主題とは逸れますが、以前アリババの人がフードデリバリーを強化する理由はリアルのデータを徹底的に集める為と伺い、業界の当たり前を変革していくのに本気だなと感じました。
ハンバーガーなどのメニューのレコメンドが中心に書かれてますが、本来はサプライチェーンマネジメント、出店計画、オペレーションの均一化なとの業務効率向上をデータとAIで進めることになると思います。
AIは売り上げアップのみならず在庫の最適化(=資金負担や無駄の最小化)にも使われている。

https://www.weeklybcn.com/journal/news/detail/20191019_170303.html
ファストフードのリアル店舗でのデジタルトランスフォームは中国の方が進んでいるように感じます。ヘルスケアとの関連は米国の方が上でしょうか。この記事を読むとそう感じました。
ファストフード店で何を買ったかでどこまでレコメンド出来るんだろう。そもそもファストフードを買いに行った時に食べてるものより、食べてない時のほうがデータとして重要かなと/ドライブスルーではデータの提供を許可した客のナンバープレートを読み取り、購入履歴を基にお勧めをカスタマイズする実験も行った
わかるけど、あくまでこれは集客の手法の話であり、本質はやっぱり期待値調整とそれを超える食事体験(見た目、香り、味)が肝だと思う。

マーケティングで一時的に盛り上がっても、やっぱり食事体験がリッチじゃないと、サステナブルじゃないよね。
確かに、フードデリバリーのおかげで、食のイーコマース化が進んでいる。東南アジアは、特に凄い。オフィスワーカーは、ランチもドリンクも全部オフィスまでデリバリー
たばことかお酒とかファーストフードは大企業化してこういう話が出てくる一方でヘルシーなフードチェーンとかがこうならないのは人間が根本的に不健康なものを好きだからなんでしょうね。。。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。

業績

日本マクドナルドホールディングス株式会社(にほんマクドナルドホールディングス)は、東京都新宿区西新宿に本社を置く持株会社である。J-Stock銘柄。米国マクドナルド・コーポレーションの持分法適用関連会社(affiliate accounted for under the equity method、49.99%所有)。 ウィキペディア
時価総額
6,980 億円

業績