新着Pick
831Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
庵野監督とは定期的に食事をご一緒しているので、これまでにも幾ばくかのお話を伺う機会がありましたが、それでもこんなに酷いなんて想像もできなかった。

まずは事実が認識されることを望んで、微力ですが個人的にもできる限りの拡散をしたいです。

この記事すら、書ける範囲でしかないだろうし、過剰な批判にならない気遣いが含まれていることを考えると、心が痛くなります。本当に腹がたつ。

クリエイターがクリエイションのことだけに集中できる人生だったらどこまで出来るんだろう。経営なんて下らないことから解放されたらどれだけ良いか。そんな葛藤を10年以上抱え続けた人間のひとりとして、もう一度また世の中に失望するには十分すぎるニュースでした。

それでもやりたいことがある人間は、それしかできない人間は、続けていくしかない。誰かに「自分のやりたいこと」を人質に取られている気すらして、行き場がなるなることもある。それでも続けていくしかない。

監督がこんな無駄な作業に時間を使わなくて済んでいたら。それを考えるだけでも悲しくなる。
庵野秀明というクリエイターがどういったプライオリティで行動するのかが良く判る文章だと思います。恐らく彼にとっての作品とは我々一般常識人にとっての世界と同等の価値を持っているものなんだと思います。そういう「世界と同等のもの」を無碍に扱い滅ぼしてしまう人間は何よりも悪なのです。

また、彼にとって「取締役を受ける」という事は恐らく、苦楽を共にした友への友情の証であり、彼の才能に付いていけなかった者への哀れみでもあり、彼なりの責任の取り方なのでしょう。しかし文章には起こさなかった。それもまた彼の中に残る友情の残滓であり、遠き過去の友情への未練なのだと思えば、見えてくる景色も違うのではなかろうか。

これを読んで僕は岡田斗司夫をぶん殴りたくなりました。

【追記】
この手記を暴露文と取るか、彼の書いた「作品」と取るかで物事の捉え方が180度変わると思います。僕は是非とも後者として受け取ってほしい。

最近NPでは上質な教養が必要だみたいな論調で公式パブをいくつも出してるが、教養の本質はこの文章の裏側に隠されているような豊かな感情とそれを包摂し受容する社会との関係性が重要になる事を理解していれば、この文章から滲み出る愛情や怨恨の念を受け取って、自分の置かれた環境を省みた時に、思う事は沢山あるはずだ。

【教養の少ない人向け追記】
僕が「岡田斗司夫をぶん殴りたくなりました」と書いた意味は、岡田斗司夫が当件に関与していない事や、ガイナックスを去ることになった経緯や当時の問題はさておき、恐らく庵野秀明をこの世に送り出したのは間違いなくこの男だからです。そして恐らく彼がガイナックスを去った事がその後の山賀以下の悪癖を決定づけた事は明らかだからです。
無理矢理有名なものに紐付けで注目を集めようとするメディアの下衆さ
クリエイティブに集中すべきという純粋さと現実
カネに人が群がり狂っていくさまの悲しさ(あるある)
長い友人と決別せざるを得ない無念
一部コメントで岡田斗司夫氏を非難する向きがありますが、彼はエヴァンゲリオン誕生前の1992年に退社しています。この件に関しても庵野さんとほぼ同様のメディアを非難する発信をしています。念のため補足です。
‪エヴァを愛する全ての方に捧ぐ!‬

‪ちなみに庵野監督が手掛けた彼氏彼女の事情のアニメも最高でした☺️
タイミング的に中国企業が日本の版権を買い始めた頃なので、おそらくここに書いてある外国企業はいくつかの中国系のエンタメ企業でしょう。

日本のアニメの著作権は世界的に価値が上がってきているので、権利を持っているが経営が成り立ってない会社を買う手法はKoFなど、他でも見られます。

逆に言えば、世界マーケットにおける価値向上にもかかわらず、経営がなぜ成り立っていないのかを考える必要があります。私も隣の業界として接点は多かったですが、庵野監督が文中に書いてある通り、ガバナンスの欠如や利益の分配の仕方は非常に問題だと思っています。
何ということが起きていたのだろうか…
ちょっと言葉を失うとともに、庵野さんの作品に対する深い愛情と、強い怒りを感じる。

僕はクリエイターではないし、そういうタイプの人間ではないけれど、経営者として長年活動してきた。
クリエイティブな人たちに対する憧れとRespectは常に抱いてきたし、そういう人たちは作品を尊重してきたつもりだ。

まさか業界でこんなことが起きていたとは本当に信じられない。
エヴァという偉大な作品の権利が末永く守られることを切に祈りたい。
かつて『オネアミスの翼』のクオリティに驚き、『ふしぎの海のナディア』に心躍らせた一人として、ガイナックスの名前をこのような報道で耳にするのは本当に残念です。

同時に庵野氏の憤りも、まったくもってその通りで、日本のメディアの「安易さ」にウンザリさせられます。それはメディアからの消費者たる大衆に向けた「侮辱」であり、一方でそうすることがメディアの利益に繋がってしまう状況をつくりだした大衆側の「堕落」でもあります。

メディアの姿は大衆の映し鏡だということも、肝に銘じたいですね。
きっと少なからざるメディアは、PV数を何万稼げたらライターにボーナスとかやっているのではなかろうか。。。まあもちろん書いたものは読まれなきゃ意味ないんだけど、ジャーナリズムの矜恃を失ってはいかんよな。魂のないゾンビと同じ🧟‍♂️

品のない手を使わずにちゃんと読まれるものを書くのが、書き手のプロというものでしょう。
それだけ金のなる木だったってことなんだろうな