• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【吉野彰】2020年代、「新・イノベーターの条件」

NewsPicks編集部
1337
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • NewsPicks ジャーナリスト

    2020年の2日目は、次の10年を全力で駆け抜けようとする走るビジネスパーソンへ、ノーベル賞を受賞したあの吉野彰さんから、厳しくも温かいメッセージをお届けします。

    昨日のニューイヤー駅伝では、優勝した旭化成のゴールシーンに、吉野さんが駆けつけているシーンがありました。吉野さんは民間企業所属の研究者。改めてそう思い知るに至りました。

    そんな吉野さんだからこそ、「お上(政府)に忖度せずに物申すことができる」。それがご本人のこれからの役割だそうです。そんな吉野さんに、「新しいことをやるなら、東京から離れていないと」、「便利なだけのAI・IoTは売れないと思うな」など、舌鋒鋭くイノベーションの本質に迫っていただきます。

    リチウムイオン電池にまつわる吉野さんのエピソードは語りつくされつつありますが、2020年代に新しい「吉野像」をいち早くお届けできたかと思っています。


  • badge
    (株)こうゆう 花まる学習会 代表

    これは学び多い。
    企業として生き延びる厳しさも、時代を俯瞰する目も、研究のエッジも知る、民間の研究者ならではの、迫力と説得力あるメッセージ。
    宝だなあ。

    「審査を通ったということは、審査している人全員が納得したということでしょう。つまり、審査に通ったものは、すでに「時すでに遅し」になったもの。」とかね。
    こういう方には、語り続けてほしい。


  • NewsPicks 副編集長

    金言集ですね。

    メモ1:座右の銘は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」→「実る前はとんがっていなさい」


    メモ2:日本の証券系や金融系のベンチャーキャピタルじゃ、絶対無理→時すでに遅し


    メモ3→できるだけ「東京から離れていること」→お上発想になるから

    まだまだいっぱいありました。これからもどんどん発見してほしいです。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか