新着Pick
118Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
他の方も指摘されていますが今の金融業界の問題は「銀行に特別な与信判断の能力があるわけでもないことや、証券会社・運用会社に特殊な投資判断の能力があるわけでもないこと」ではありません。

金融、とりわけ銀行部門のビジネスはマクロに規定される「機会の限界」があることで知られています。この絶望的な低金利環境とそれを欲するマクロ環境が最大の問題なのであって銀行や証券の能力が変容した訳では全くありません。もっと言えば銀行は最大の安全資産である預金を裏付けに持つわけですから「特別な与信能力」を必要とするハイリスクハイリターン的な投融資が求められる主体ではないはずです(それをやるのがファンドです)。

あと、そもそも最近の金融業界はむしろ収益性の問題から手数料を取る方向に向かっていると思います。「最近、金融ビジネスの手数料がゼロに向かっているというニュースが多数報じられている」というのも説明が必要な印象です。運用面ではそうでしょうが、銀行部門はそうではないかと思います。色々論点を混ぜすぎている印象があります。

全体的に言わんとしていることは分からないでもありませんが、現状の問題意識に賛同しかねました。
日々の生活活動、社会インフラの整備、学習、地球環境改善などなど、人にはいろんなモノやサービスへのニーズがあって、一方で人はそれを購うための膨大な金融資産を持っています。
モノやサービスは“実物”で、それを生み出す人や会社が存在します。金融資産の多くは預金などの姿をしていて“実物”ではありませんが、送金が手書きの振込依頼書を使って銀行の窓口で行われている時代には、貨幣という“実物”をイメージすることができました。モノやサービスの生産者と金融資産を仲介するのが銀行であり卸・小売りといった中間事業者です。
時代が変化して「お金は単にデジタルなデータ」になったとありますが、実は、モノやサービスもデジタル化しています。アマゾンや楽天市場でモノを買おうとクリックしたとき、そこに商品はありません。人はコンピュータ上のデジタル情報を信じてお金を払っているだけで、コンピュータ上でデジタル情報になっていない商品は売ることも買うことも出来ず、存在しないのと同じです。
デジタル情報のやり取りに銀行や証券会社、卸、小売りといった“仲介事業者”は無用です。だから銀行や証券仲介業者の手数料が消え、卸や小売り事業者の中間マージンが減り、そもそも無用ということになって行く。『銀行の機能が、お金を預かること、お金の貸し借りをすること、だとすると、デジタル化されたお金に物理的に大きな金庫は必要ないし、貸し借りに伴う情報処理は、人間ではなくいわゆる人工知能(AI)の方が得意で効率がいい。銀行機能に「銀行員」は必要なくなる。』という流れはそういう構図の中で起きていて、物流の実店舗が苦戦するのと同じ構図です。
銀行を含む金融機関には人々のお金を預かったり委託されたりして増やす役割もあったけど、これとても、お金とモノやサービスを生む事業者の間を上手に取り持って、より多く増やしてくれそうな事業者にお金を流すだけのこと。ノウハウ無用でデジタル情報が自動的に投資先を選択するインデックス運用が拡がると、稼ぐ余地が無くなります。そういう中で金融機関はどのように生き残るのか。
「筆者自身が証券マンであるわけだが、生き残りのためには、証券に関わるエンターテインメント的なコンテンツを生産する方法を身につけていく必要がある」・・・ 一つの見方として面白い
( ..)φメモメモ
化石になった元銀行マンはどうしよう (^^;
こういう金融経済環境の下で、特にリテール向けの金融サービスを維持していく上では、非金融の幅広い消費者サービスとの一層の連携ないし一体化が合理的な方向性であること自体には同意します。その意味で、地域金融機関には公共サービスへの進出ないし代替が一つの選択肢だと思います。

その一方で、銀行の与信能力を口座情報のみに依存するものと整理して、従ってAPIのような動きによって消滅すると考えることには違和感も残ります。確かに在庫金融や販売金融のような世界では、こうした仮説も成り立つ面もあり、実際に中国のtech giantが証拠を提示しています。

しかし、設備投資を行なって生産を行う形態のビジネスに対して与信を行う場合、口座情報は有用であるとしても、それだけで十分かという問題は残ります。同じく中国で、いわゆる中小企業金融の活性化が長年に亘って唱えられながら、依然として課題であることが証左の一つであるように見えます。

地域金融機関が総じて見れば引き続き「事業性評価」に苦労していることを考えると、銀行が特別な与信能力を持っているとは言えないかもしれませんが、少なくとも現時点では、他のプレーヤーに比べて知見と経験を有することは事実だと思います。
ビル・ゲイツが「banking機能は必要」と言ったそうですが、現在提供されている広義のbanking機能はこんなイメージでしょうか。

顧客のバランスシート
・財の保管
・財の運用代行
・資産流動化
・与信
・保険機能の提供
・出資

顧客の事業
・社会的信用の付与
・経営/財務のコンサルティング

顧客の取引
・決済の融通
・マーケットメイキング
・取引の代行
・市場情報の集約・提供
・取引・権利義務の記録

改めて書き出してみると、(色々言われていますが)やっぱり与信ノウハウ(審査、モニタリング、回収)と大数の法則(リスク分散効果)がBanking事業者の本質的な強みのように思います。。
僕も貯蓄の大部分は年金(403b)および学資保険(529)口座の株および債券です。20種類ほどの金融商品からオンラインでいつでも売り買いできます。僕は株のインデックスファンドに90%、債券のインデックスファンド10%にしてて、数ヶ月に一度自分で機械的にリバランスしています。手数料は0.01%から0.05%です。ほとんど手もかからないし、金融マンの面倒な営業トークを聞く必要もないし、何より手数料がほぼなし。運用成績も上々です。ぶっちゃけ、1%とかの高額な中間マージンを証券会社に払う理由は、もはや全く見あたりません。
皆様おっしゃるとおり、銀証まぜこぜですね。
この記事にでてくるエンターテイメントという言葉についてだけひとこと。私、投資はエンターテイメントっていう感覚はもっと世の中に広まっていいと思っています。まぁ口座管理手数料はそのエンターテイメントを享受するための年会費として、結局は払う価値があればいいんです。
インベスターテイメントなんてことばは、たぶんはやらないしなかなか浸透しにくいかもしれないけど、思わずインベスタマー(investor + customer)って造語つくろうとしてたライブドア時代の皆様の顔を思い出しました!
みなさんコメントされているように銀行と証券の話が混在していて、なんとも言えない仕上がりになっていますが、、、山崎さん、確信犯では⁉︎

証券についていえば手数料ゼロになり、今後さらにフィデューシャリーデューティーの原則が徹底されるようになると、むしろ証券会社(銀行も)の真の実力が試されるようになります。

銀行業に対する批判に対してはいろいろな論点がありますが、家計も企業部門も預超+金融緩和で金余りな状況ではいたしかたない面もあります。銀行機能についてはマクロ的に遅かれ早かれやってくる家計の預金がなくなる日に備えてどう生き残っていくのかが重要だと思います。
記事中にもあるように、1993年のビルゲイツのコメント
「Banking is necessary, but Banks are not」
に尽きます。例えば最近手数料ゼロ化が進む証券について、国内上場株売るだけで1%の手数料とること自体が馬鹿らしさに、やっとみんなが気づいた