新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Uberの事業で大金を手に入れてもなお、自分の会社をはじめるトラビスは、生粋の起業家だなと感じます。Uberを追い出されて、悔しい思いをしたので、消化不良な部分があり、自分の正しさを証明したいという気持ちがまだ残っているのかもしれません。

彼の新規事業のCloudKitchensは、既に$400M(約400億円)を調達し、彼らしく最大限にリスクを取って仕掛けています。
0から1が出来る人はそんなに多くないから、何度でも挑戦してほしい。
そして、こういうタイプの人は、大変な目にあってもしばらくすると、新しい事業が、つくりたくて、ウズウズしてきてしまうのですよね…
正直、まだいたのか…という印象です。

Uberよりも、今のビジネスの方が有望だと考えたのでしょうね。

いろいろありましたが、最終的には、彼にとっては、今の方が良かったと思います。

人生すべて塞翁が馬…を絵に描いたような人生ですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
株を売って資金を作り次にいく。新規事業はウーバーとWeWorkの親戚みたいな事業ですね。パッと聞くと、調理人が出向かなければならないこと、調理人の入れ替えに時間がかかりそうだが食事の時間は割と決まっていることを考えるとピンとこないのですが、TSMCが大きくなったのでやる価値はあると思います。
力がある人に新しいことをやっていただけると嬉しいです。
ウーバーは創業期を過ぎているので後は拡大させるのが上手な方が経営すれば良いと思います。
カラニック氏が新事業に注力というのは良いニュースです。
ウーバーのような、素晴らしいシステムを生み出して欲しいです。
CEO辞任に伴い、会社を去っていたと思っていましたが、取締役には残っていたのですね。今回、12月31日での取締役からの退任を発表。株式を手放していると言うニュースも出てきていたので、着々と準備を進めていたと言うことでしょうか
今日の日経CNBCでも取り上げられていました。
今後はLAで展開をしている移動キッチンと慈善活動に勤しむとのことです。
色々問題はありますが、ウーバーが生まれた功績は大きいと思っています。
その力量を、再び違う分野で活かしてアメリカのため、世界のために頑張って欲しいと思います。
こうやって、創業者が早々にその企業が離れることが当たり前になりつつあるアメリカは、やはり日本の先を行っているなと改めて感じ入りました。
この後Uberがどのように推移していくか、
改めて5年後くらいにこの2〜3年注目されたベンチャー動向を振り返りたい。