新着Pick
552Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
QRコード決済も画面出すのに実は意外と面倒で、、、
決済がいかにスムーズになっても、江戸時代からのツケ文化はまだ健在しつづけるんだろうなと思うことしばしば。
花を仕入れる時くらいしか、ツケなんてしませんけど、
ウィンクで決済できたらちょっと楽しい世界になるのにって思っちゃいます。
本人を特定する生体認証。データをサーバーに格納しますが、安全に管理する方法がPBI。公開鍵をサーバーに格納。生体情報を暗号化し、秘密鍵として使う。国際規格FIDOに準拠した認証です。

2020年代は生体認証によるキャッシュレス決済の時代になるでしょう。
パスワードがわからなくなって、困った!!という経験がある人は少なくないはずです。スマホに生体認証が搭載されてからは、かなり便利になった気もします。
すべてが生体認証だったらラクなのに、と思う反面、「生身のもの」だけに、「生体情報」が盗まれると、交換したり再発行したりもできず、大変困ったことになります。生体情報をどうやってどこに保存するのが安全で利便性も高いのでしょうか。
今回は、日立製作所の「PBI」という技術を中心に、そもそも「認証」って何?、生体認証のどこが便利で何が危険?というところ図解しました。
これでこそ、ハイテクだ。Hi tach