新着Pick
550Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
QRコード決済も画面出すのに実は意外と面倒で、、、
決済がいかにスムーズになっても、江戸時代からのツケ文化はまだ健在しつづけるんだろうなと思うことしばしば。
花を仕入れる時くらいしか、ツケなんてしませんけど、
ウィンクで決済できたらちょっと楽しい世界になるのにって思っちゃいます。
生体認証、確かに便利ですね。けれど、日本では問題になりにくい部分が、アメリカでは問題視されていて、懸念が絶えず賛否両論。特に顔認証は、人種の問題が関係してきます。

このテクノロジー開発は、試験の段階で白人の顔を使って開発されたものが殆どだそうです。となると、マイノリティが追加検査のために別室に呼ばれるなどの事態が増えるのでは?ということらしい。

先日も私の住むシアトルでは、空港で行われる顔認証技術の導入に、制限を設ける原則が採用されました。

https://www.seattletimes.com/business/boeing-aerospace/sea-tac-is-first-airport-to-resist-federal-push-for-facial-recognition-and-other-biometric-technologies/

シアトル港湾局は、「顔認証技術を導入している空港は全米に20以上。しかし利用者の権利を保護し、制限が設けられ、透明性があり、倫理的であることを保証する公的な手続きを経ている空港はシアトル以外にない」と説明しているようです。
本人を特定する生体認証。データをサーバーに格納しますが、安全に管理する方法がPBI。公開鍵をサーバーに格納。生体情報を暗号化し、秘密鍵として使う。国際規格FIDOに準拠した認証です。

2020年代は生体認証によるキャッシュレス決済の時代になるでしょう。
パスワードがわからなくなって、困った!!という経験がある人は少なくないはずです。スマホに生体認証が搭載されてからは、かなり便利になった気もします。
すべてが生体認証だったらラクなのに、と思う反面、「生身のもの」だけに、「生体情報」が盗まれると、交換したり再発行したりもできず、大変困ったことになります。生体情報をどうやってどこに保存するのが安全で利便性も高いのでしょうか。
今回は、日立製作所の「PBI」という技術を中心に、そもそも「認証」って何?、生体認証のどこが便利で何が危険?というところ図解しました。
中国へいくと、
高速道路ではみな法定スピードをかなり守ります。
一発で、日本で言うきっぷをきられる。
世界のセキュリティカメラ設置ベストテンのうち8都市が中国
そして、政府のありかた、があるからですが、
便利・安全とプライバシー、
トレードオフを考えていく、これからを感じます。

いずれにせよ成長していく分野、期待していきたいです。
現状、スマホに代替できないパスポートやマイナンバーなんかは生体認証にしてほしい。
「認証」という言葉を理解することは、非常に重要。この記事では、わかりやすく、記載してくれているので、必読だと思います。
これでこそ、ハイテクだ。Hi tach