新着Pick
167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
名指しで、競合関係にあるサービスを使わないように指示なんて、このご時世にやるのか。。Netflixの「天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する」をみてもわかるように、独禁法問題で散々な目にあったビル・ゲイツのことは当然知っていると思います。ベゾスとしては、「顧客ファースト」を追求する、ということなのでしょう。肌感覚として、USでAmazonの方がFEDEXより早く届くのは明らかだと聞いています。

”「プライム」顧客向け商品配達でフェデックスの陸上輸送網を利用しないようサードパーティー(第3者)販売業者に指示した”
アマゾンの出店者に警告。「フェデックスを使わないように」と。配送遅延などが起きているのでしょう。

その代わり「アマゾンのフルフィルメントサービスを使いなさい」「その方が確実に届く」と。
米国では、amazonはUPS、USPS、amazonを使っていて、Fedexは使っていません。

UPSとUSPSは、かなり信頼できますが、amazonの自前のデリバリーは、Uber Eatsと同じような感じのデリバリーなので、問題多発です。

アパートに入れない→持ち帰る→勝手に返却

といったようなことはざらにあります。個人差が大きいです。

しかし、将来的には、amazonがFedexを喰うとか…米国国内に関して言えばないとはいえない状況ですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
元々少ない比率だったのが、より低くなるか、ゼロになっていく、ゼロにしたい意向がAmazonにはあるのかな。

Business Insider Japanより
“フェデックスの700億ドル(約7兆7000億円)近い連結売上高のうち、アマゾンは1.3%未満”

『フェデックス、アマゾンからの数百万ドルを拒否 ── だが正しい選択である理由 | Business Insider Japan -』
https://www.businessinsider.jp/post-192621
アマゾンは、出店業者がプライム対象品の配送において、フェデックスの陸送サービスを利用することを禁止すると発表しました。
フェデックスの宅配の質が低下していることが理由のようです。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
129 兆円

業績

フェデックス・コーポレーション(FedEx Corporation)は、空路や地上で、重量貨物やドキュメントなどの物流サービスを提供する世界最大手の会社である。220の国と地域で取り扱いを行っている。 ウィキペディア
時価総額
3.66 兆円

業績