新着Pick
650Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アカデミアの世界は市場としては分野ごとに一つになっていると思うので、THEの競争に参加して上位獲る学校と、ニッチを攻めたり、分野特化で勝つ学校はわけたらいい。どの学校も世界市場のどの位置をなぜ目指すのかさえはっきりさせれば良いと思う。
 日本というエリアの国際競争力の観点から見ると、今のところランクインも少なすぎるし増やすべき、順位もあげないと、と思うけれど、全部の学校がここに血道を上げる必要はないでしょう。
 例えば「日本語で全て教育する」ことが特色になっている学校ももちろんあって良いし必要だと思うが、その場合世界市場においてそれは何を目指すこちなか、どうやってそれを担保するかをはっきりできれば良いだけだと思う。
最近、大学を回ることがあったのですが留学生が少なく、教師も含めて英語に不自由がありそうなことや文系だと実践的な授業が少ないと感じました。例えば学問としてではなく実践的なファイナンスを教えている大学は少ないとの印象です。
教師に実務畑の人を増やすのも一案かと思います。
プロファイとかの授業やりたくなります。
このまえ関東のある大学で授業をしましたが、生徒から出た質問が"学歴の無い私達が社会に出て活躍できる場はありますか?"でした。

他の学生もうなづいていたので対話をすると、目的意識なく進学という選択をとっている大学生が非常に多いことがわかりました。
今の若い人たちは、自己肯定感が低く、未来の雇用不安を抱えているというデータがあります。だから、準拠集団のアドバイス通りに、ただ盲目的に大学進学を選択している人が多くなるのではないかと思います。
更に日本は、このような進学の形を容認してしまう全入体制が整ってしまっている。
こういった大学生を増やしてしまうのは、高校における教育困難校のように、教育困難大学を近いうちに生み出してしまうのではないかと思っています。
chen chun さんのおっしゃるとうり、エイゴベースのランキングでは不利なので、実態より低ランクになってしまいますねぇ なのでエイゴのペーパー数を増やす事からですねぇ、まず 手っ取り早いのは、若手教員を米欧大に1ー2年滞在させて、共著ペーパー書く事ですねぇ、センセイ(か研究室の他のヒトが) エイゴ直してくれるので 中国では China Scholarship Council (CSC) のフルサポートでずーっとやってらっしゃいますよ、コレ

ちなみに今も(日曜早朝ですが) 、CSCで10月までいらっしゃった中国の助教授さんのペーパー下書きを書き直しているところですよ (けっこうタイヘン、でも研究内容は悪くないんです、上手く伝えられてないだけで)

で、こういうサポート10年くらいやると、自然に留学生も増えてくるとおもいますねぇ そんなに待てないなら、沖縄のアノ大学みたいのしないとですねぇ

ご参考
https://newspicks.com/news/2599337?invoker=np_urlshare_uid1506052&utm_source=newspicks&utm_medium=urlshare&utm_campaign=np_urlshare
教授という「アカデミック双六」の上がりの地位に上り詰めると、定年まで安泰なので研究にも教育にも熱が入らなくなるそうです。
(もちろん、全員ではありませんが)

さらに、文系学部(理系学部は知りません)は、研究成果よりも派閥がモノを言うことが多々あります。

とりわけ強いのが閨閥。
某教授の娘婿になって教授のポストに座った人も(私が知るだけで)数人います。

刑法の故平野龍一教授は、自説を忠実に継承することを後継者にする条件にしていたと聞いたことがあります。

教授たちにも競争原理を導入しないと、どんどん地位は低下していきます。
人材の入れ替えを促進して、流動化を図る必要も大いにあるでしょう。

「論文がほとんど日本語で・・・」などという言い訳をしていること自体、教授が劣化している証拠です。

某病院の院長をしている私の友人は、ぜんぶ英語で論文をたくさん書いていますよ!
日本語で大学院まで教育できることの価値も議論すべきと思います。その価値はランキングには残念ながら寄与しませんが。非英語圏の国の大学や大学院で英語で教育がなされるのは自国の学生だけを相手にしていてももはやビジネスにならず、海外から多くの学生を迎え入れないと行けないというのも理由の1つです。

一方、競争力を上げるためにやればいいと思っていることがいくつかあります。
・大学内の事務手続きの文書を可能な限り日英併記にすること。
・海外からの教員の家族のサポートチームをつけること。
・人材をもっと流動可能にすること(例えばテニュアシップを導入して、数年産業界で働いた後再び大学に戻れるようにするとか)
英語で論文を発表できない、海外から留学生が来ない、海外から教官が来ない、海外に留学しない…もともとガラパゴス化してるから、海外からの評価も低いでしょう。改革はあきらめ、新しい理想的な大学を5校くらい作って10年かけて育てるとか?
THE世界大学ランキングの評価基準全体の20%を占める研究評判調査(※)。何年か前からこの評価をTHEから依頼されてやっているけど、基本的には自分の分野しか知らないのでそういうバイアスが入ります。NPのコメント欄では昔から何度も言っているけど、THEよりもQSの方が実態と近いです。また日本の大学の国際競争力について何か意味のあることをいうのであれば、分野別で議論するべきです。QSはこの分野別ランキングで最も納得感があります。

【※日本人がほとんど知らない「世界大学ランキング」の問題点】https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57892
>引用
「タイムズ紙の説明によると、評判調査は、地理的な偏りが出ないように選ばれた世界各地の著名な研究者に、教育・研究面、それぞれで素晴らしいと思う15の大学を挙げてもらい、何%の研究者に言及されたかで点数を決めている。」
単純に、育成により「創り出すことを目指す人材像」が時代と合っていないからではないでしょうか?

論文を書いて、学会で認められて、ノーベル賞を目指すという意味では、ある程度目的は達成されているのでは?

単に「世界に遅れ」という表現ではなく、具体的に課題形成すれば、改善は可能ではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
一つの閉じた大学で国際競争するのではなくて、意欲的な大学の学部・ゼミがヨコ連携して、より魅力的な教育・研究・産学連携スキームを作りたい。「超学校」構想が目指すものです。超学校連合でランキングに挑戦するかな。