新着Pick
1011Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ダイキンのタンザニアにおけるエアコンのサブスクは、一話で井上会長が語っていた東大との産学協創協定の一環ですね。
https://newspicks.com/news/4446061/

いままだ2Gや3Gが大半ですから、これが5Gにいつ置き換わるか。携帯がなかったところに通信塔を立てていったときと違い、5G投資のリターンは見えづらいですね。アフリカの人たちは人間関係をメンテナンスするために頻繁に連絡を取り合う習慣が昔からあり、携帯やWhatappは習慣を維持したまま方法を変えるだけですから、後知恵ではありますが、普及は必然でした。

リープフロッグと呼ぶ現象が起こるのはいくつかの条件下においてのみで、オペレーションや技術の蓄積、産業集積が必要な領域では起こりません。アフリカの多くの国で製造業がさかんでないのはだからです。いきなり重化学工業にリープフロッグしたりはしないのです。

モバイルマネーが普及しているケニアやタンザニアも、送金に使われても決済には使われず、キャッシュレスどころか完全な現金社会。習慣や価値観はどこでも少しずつしか動かないもので、その前提で、現状の心地よい非効率から置き換えてもいいと思われるニーズを発見できた場合に、新しい商品やサービスは受け入れられるのかと思います。

ワッシャと関係ない話になりました。。
実行できているのがスゴい。DMMアフリカもその理論は理解しているが、実現で苦戦している。書かれていないトラブルもいっぱいあるだろうが、着実に前に進んでいるのは本当にスゴい。
タンザニアのモバイルマネーはM-Pesa。ケニアが発祥ですが、タンザニアにも拡大しています。ケニアではGDPの5割を越すくらいまでM-Pesaが普及しています。

ケニアやタンザニア、ウガンダ、ルワンダの成人人口の66%が、アクティブなモバイルマネー利用者です。

このモバイルマネーに目をつけたところがLEDランタンのサブスクリプションビジネスのカギとなっています。決済が新しいビジネスを創出する。うつくしいですね。
"インド工場で現地のスタッフが、日本人と同じように企業理念や品質に対する考えを語れるんです"
スーパーリープフロッグも凄いですがダイキンの理念浸透能力をマネジメントする力もすごい。一朝一夕ではできません
アフリカはいきなり5Gとソーラーって面白いな。“ソーラーで発電して、LEDランタンと5Gで暮らせられれば。都市化しなくても暮らせたとしたら。これまでのような経済発展で失ってきた人類の損失がなくなるかもしれない。” ビジネスを通じてアフリカをUpdateしていくって想像するだけでワクワクする。我々もアジアの次は、中東、アフリカと拡大していきたい!
私はWASSHA秋田さんと2016年にOrange Fabというインキュベーション・プログラムで出会い、その事業のすばらしさに衝撃を受けました。

WASSHAさんが日本発のベンチャー企業であるように、この事業モデルは一定以上のマネジメント・ガバナンスの水準が求められることから、顧客はアフリカ現地の方でも、事業者は(少なくとも主要経営者は)欧米のベンチャー企業が多いです。

資本の観点からは完全にパワープレー化しており、各社が数十億円のエクイティと数十億円のデットをそれぞれ毎年調達して事業を急拡大しています。

欧米のベンチャー企業は、母国またはエコシステムの近い隣国のVCや大手電力会社(、そして日本の商社)からどしどし資金調達を行っています。

私はWASSHAさんの資本政策の方針を知る由もありませんが、個人的には日本のエクイティ・デット双方の投資家が欧米と同様にWASSHAさんに毎年数十億円を供給し続けるくらいになると、さらに盛り上がるような気も・・!
タンザニアでのスマホとモバイルマネーの普及という土台の上に、
「エアコンのサブスク」と「それを可能にする自社技術」をのっけて
成功されているようです。

世界で活躍する日本企業、応援します!
WASSHAの存在とビジネスは知っていましたが、秋田CEOのまとまったインタビューは初めて読みました。

スーパーリープフロッグ。製造業の発展を飛び越えてサービス業に、というところまでは確かに、という感覚ですが、都市化をも飛び越えて分散型の新たなライフスタイルを確立するという着想はなかったですね…現地でビジネスを展開しているからこそ得られるインサイト。
十数年前、国際会議で西アフリカのセネガルに行った(遠かった……)。当時の首都ダカールでは、一般家庭に固定電話が全く普及していなかったにも関わらず、普通の庶民でも多くの人が携帯電話を持っていた。一件ごとに電話線を張り巡らせるよりも先に、街にアンテナを立てる方が早かったのである。時代的に遅く近代化した国では、往々にして、物事の発展順序が先発国とは異なるのだろう。むしろ、古い縛りがないのかもしれない。そう考えると、いきなり5Gも有り得る。
うんうん。

> 中国の会社がハードやソフトを真似ることはできるかと思うんですが、ちゃんと現地の人を教育して一緒にオペレーションを回すってのは、一朝一夕にはいかないはずなんです。