新着Pick
1487Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弊社での直近10人の採用の半分は私のツイッター経由です。
「10代、20代の利用率は非常に高いものですが、日本のユーザーの年齢の中央値はおおむね35歳なんです。」と聞いて納得しましたが、20代のインターンから30代のエンジニアまで採用できています。実名で自分の考えを発信することで、若い人ばかりでなくキャリアの長い転職者と接点を持てます。
アカデミアの動画、拝見しました。
Twitterの特徴から広告運用のコツまで、穏やかな語り口でわかりやすい。
私もここで学んだことをきっかけに自身のアカウントを改善したいと思います。
↓アカウントがこちらです。
@usuihayate
フォローしてみてください。お願いします。
(これも講座で習いました。忘れないうちにトライ)
Twitterは人により使用目的が最も多岐に渡るSNS。
短文かつ流れやすいので誤った拡散が多いのは難点ですが、移動時間の暇つぶし系情報収集ツールとしてなんだかんだ見てます。
自身のつぶやきはNP連携コメントが大半。同じコメントでもNPでスルーされてもTwitterで反応があるなど異なるのは興味深い。
"「誰が言うか」と同様に「何を言うか」でも勝負できるんです"
ここは確かにそうなんですが、この「誰」というのは肩書きではなくTwitterにおける人格も含めた「誰」になってきたと思います。過去のツイート内容や文脈も含めてですね
事故や災害時においてはTwitterのリアルタイム性に勝るツールはないなと思っています。ただ記事内にあるフェイクニュース系ももちろん多いので、個々の読む力に依存してしまうのも難しいところだなと感じます。
もりけんさん!
※大学の同じゼミの先輩です。

Twitterの使い方を丁寧に教えてくれてます。
色々な角度からのデータや事例は参考になります。
ディグラム診断もテレビで生まれて、
Twitterで広まったのでもっと勉強したいです。
アルゴリズム分かりませんが、下記二点はジレンマなのだなぁ、と改めて。しかしメディアの質が問われるこのご時世、環境問題や働き方の話などランダムに上に持ってきたりするのも大事になってくると感じます。
「自分と異なる意見も含めて目にすることができるのは、大きな価値」
「現在は機械学習を使いながら、使っているそれぞれの方が興味の高そうなツイートを分析し、優先的に表示されるように並び順を調整しています。この機能を入れてから、1人当たりの滞在時間が飛躍的に伸びました。

誰もPublisherに成りえるデジタル時代であり、
情報が溢れているからこそ、"何を言うか"…が
本当に問われていると思う。

140文字で伝えたいことを"自身の言葉"で綴れるか…
個人的には、曖昧な状態の"想い"を整える
良い機会になっていると思う。
「平常時と災害時では、設定方法を変えるべき」。たしかに、言われてみればその通りなのですが、気づきませんでした。
動画をいくつか観ましたがTwitterについて誤解をしていたことがいくつもありました。

とくにフォローの概念。バズったとしてもユニークなツイートをしてもフォロワーは伸びず、フォローはサブスクのようなものというのは言われてみれば確かにそうだなぁと納得しますね。自分が誰かをフォローするときはその感情なのに、フォロワーを獲得しようと思うと誤解してしまうのは面白い心理ですね。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.11 兆円

業績