新着Pick
756Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
楽天経済圏とは「楽天5大サービスを含めて多くの楽天サービスを利用すればするほどポイントが優遇され、還元される経済圏」という仕組みです。楽天経済圏の超拡大という言葉が、2017年通期の決算発表で初めて登場しました。以来、楽天のビジネスモデルにおける最上位概念として位置づけられています。2018年第3四半期の決算資料には「現在約4兆円ある楽天のメンバーシップバリューを将来10兆円にする」とあります。メンバーシップバリューとは「延べサービス利用者数×LTV」を意味します。LTV=ライフタイムバリューとは、1人のユーザーが生涯において特定の企業やブランドにもたらす利益を算出したものです。

この目標達成に不可欠なものが「クロスユース」の拡大です。クロスユースとは楽天会員のうち2つ以上のサービスを利用してくれることです。1人の会員がECやフィンテック、デジタルコンテンツ、通信など、70を超えて展開される楽天のサービスを横断的に使えば、メンバーシップバリューは増大します。楽天会員数は2018年9月末時点で1億人以上ですが、グループのサービスを2つ以上利用したユーザーは実に69・2%。

クロスユース促進のエンジンとなっているのが、楽天のポイントプログラムです。サービス利用時に貯めたり使ったりすることができる楽天スーパーポイントが、顧客のエコシステム内への流入拡大やグループサービスの複数利用、回遊的・継続的なサービス利用を促進しているのです。楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)が、それをさらに加速します。楽天カードを楽天市場で利用すると「ポイント+2倍」、楽天銀行で楽天カードの引き落としをすると「ポイント+1倍」など、楽天市場での買い物で得られるポイントが最大15倍になるプログラムです。冒頭に述べたように、楽天経済圏とは「多くの楽天サービスを利用すればするほどポイントが優遇され、還元される経済圏」という仕組みなのです。そしてソフトバンクグループ連合は、ここにまずはスマホ決済×ヤフーカードによるキャッシュレス還元率の決定的な違いを打ち出すことで対抗しようとしています。
EC系メインの解説でしたが、他の使い方として。楽天証券+楽天カードで、積立投信をクレジットカード決済にしています。予め購入価格の一定額にポイントを充当するように設定することもできるので、月1万円購入の内1000円分はポイント、みたいにすると、お得感かなりあります(実際そのポイントはあちこちで使えるわけなので、本質的には現金支出しているのとそう変わりませんが…)。

あと、ポイントの利用については少し触れられていますが、楽天市場でポイント使うよりリアル店舗でポイント決済やR-Pay使う方がロスがないですね。市場はポイント値引き分、付与ポイントも減ってしまいますがリアル店舗で使うとポイント使っても同等に新規ポイントが付与されます。

…それ以上の細かいテクニックは疲れるので追っていません。。
あと、楽天カードに色々紐づけ過ぎていて、今更ゴールドカードに切り替える(カード番号が変わる)インセンティブがない。有効期限更新のタイミングで案内してくれたらスッと変えられるんですけどね。期限が近づくとしれっと次のカードが発送されてくるので毎度忘れてしまいます。。
まだどなたも書いていらっしゃらないようなので、ちょっとだけ参加を。

獲得した楽天ポイントの使いみちとして還元率の低いサービスへの支払いが挙げられていますが、帰省や旅行を多くされる方であればマイレージに変換されるのがお得です。

ANAのマイルへの交換だと2ポイントが1マイルになります。(細かいことは省きますが)通常期は15,000マイルで往復チケットが入手できるので、30,000円相当で航空券往復の権利が。普段航空券はそんなに安くないのでお得だと思います。

楽天スーパーポイントからANAのマイルへの交換ルール
https://point.rakuten.co.jp/exchange/ana/rule/
完全に使い倒すのは難しくても、日々割引をされていると、もっと買う→習慣化する。習慣化して購買量が増えることは、新規の顧客獲得コストも、継続のための追加的費用の効率化にもなる(というかポイント自体がその費用そのもの)。10%といった金額で継続してくれるのであれば、長期的に効率が良いビジネスになるし、自然と成長しやすい。だから「経済圏」。
楽天のいろいろなサービスと競合他社のものを比較し、採点表にしたわかりやすいレポートです。

UIやUXについては感覚的なものなので比較がむずかしいと思いますが、次回はここにも踏み込んでほしい。使い勝手の良さというのは、とても大切ですね。

プライム会員のサービスについても次回にぜひ取り上げてほしい。デジタルコンテンツや様々なメリットがあります。
楽天のKPI設計は本当に学び多い
CPA、クロスユース、ARPU
決算書見ると改めてこんなにシンプルなしてるんだと驚くこと多い
比較しやすいからなのかもしれませんが、家電製品の価格比較だけでは、3社の優劣は決められないでしょう。
食品やファッションといった、特にAmazonが弱い分野に、楽天がユーザーを定着させる強みがあると思います。様々なカテゴリーで比較をした結果が無いと、説得力を持たない。

記事で触れられていないポイント還元として、毎月1日のリピート買い、バルサとヴィッセル神戸が勝った翌日のポイント付与など、不規則なイベントがある。そこも楽天市場へ誘導する施策としての効果がありそう。
この連載について
ECにクレジットカード、野球やサッカーのプロチーム運営まで。手がける事業がすでに70を超える楽天。2020年春には携帯キャリアとして本格参入する予定だ。売上高が1兆円の大台を超えた今も成長を続けるが、三木谷浩史社長率いるITメガベンチャーを取り巻く環境は厳しい。楽天は勝てるのか。

業績