新着Pick
486Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
手厳しい意見ですが、このような問題は医学部入試で出題すべきではないと思います。

せいぜい今の司法試験とか予備試験で出題すべき問題でしょう。

握ってくれた人の側の気持ちを斟酌し、食べたくないという側の気持ちも斟酌する。
その結果、悩みが書かれていれば合格答案というのが、法的な試験問題です。

双方の立場に立って、それなりの主張ができるか否かが法曹の最低限の資格です。

医学部の場合、というか、多くの医師は、まったく知識のない人たちをどうやって納得させるかが大事だと思います。

強いて問題を作れば、
「○○という病原菌が入っているかもしれませんが、お腹をすかせて死にそうな子供に食べさせますか?もしかしたら、食べさせた結果、子供が死ぬかもしれません」
という問題の方が医学部入試に適切だと思います。

なんだか、出題者のレベルの低さと受験生を馬鹿にした姿勢が見て取れるようで、不愉快です。
これはなかなかの良問ですね。ご意見いろいろと思いますが、入試の偏差値の高いことが医師としての大事な価値なのか?ということもあります。

基本はどんな教育で医学生を卒業させるのか、これが医学部教育で最も大事なことですね。卒業後のキャリアも色々ありますが。

私は日本の大学卒、臨床研修をしたのち、医師として米国で10年余の内科・腎臓内科医キャリアを(もう日本には帰れないと思いつつ)すごしました。ご縁があって母校にかえり、また東海大学では医学部長の機会をいただくことができました。

東海大学では当時から医学生5,6年生を1-6か月ほど、学生の臨床研修(クラークシップ)を英米の大学関連病院に派遣していました。これは素晴らしい体験で、これをさらに広げ、多い時には学生の20%近くがその体験をしています。最近でも毎年10人ていどと思いますがそんな経験をしてもらっているようです。

海外の大学、特に英米では違った文化、宗教の学生も多く、例えば病院には「キリスト、ユダヤ、イスラム、仏教」などのお祈りの部屋、また牧師さんへの連絡などもあるのも普通のことです。

英米、ユーロも医学部は自国民ばかりではないし、でも医師免許試験は国によってちがいます(もっとも、医師ですから現地語の話す、と読み書きは必須です)。

現在の日本の医学部では卒業後2年の臨床研修は「マッチング」といって臨床教育・研修の評判の、一般病院を含めた病院へ人気が出てきています。

医学部はどのような卒業生を出すのか、臨床研修はどのが評判なのか、これらが以前よりははっきりとが医学生や研修医に「見える」ようになってきたのです。

どんな入試問題、面接をしても、結局、大学の役割りはどんな学生を社会へ出してくるのか、これをもっと「ヨコ」へうごける社会・組織へと変えていく必要があるでしょうね。

「ヨコ」に動きにくい「タテ」社会で明治維新と戦後の二度の成功した日本にとって、1970年代からデジタル技術が急速に広がるグローバル世界での日本の元気のなさ、沈滞の背景があると思います。

大学は「入学」より、どんな人間を卒業させているのか、これが基本的な価値なのです。

このような米国の医師育成の制度の基本は、宇田左近さんの最近の著書「インデイペンデント・シンキング」(pp66-76)(KADOKAWA)にも記してあるとうりです。
面接だけで人間性見抜くのはなかなか難しいですし、小論文でもこういう問題を取り入れるのはよいですね。

『正解』があるわけではなくて、臨機応変さや人間性を垣間見れるにはよい問題と思います。
サラリーマンから医療業界に転身して20年になります。私が関わる方たちには、たまには先生の顔を見に来ないと言って受診されるお元気な患者さんから、手を尽くしたものの亡くなってしまい遺族となられたご家族まで、肉体的、精神的にはもちろん経済的、社会的に至るまで本当に様々な方たちと接しています。

断言できます。“臨床”医に必要な能力としてバランス感覚は必須です。ビジネスの世界と一緒です。
「おばあさんにどのように話しますか」という問題は、医師がしなければいけない病状告知に多少通じるものがあると思います。「bad newsの伝え方」というジャンルのもので、最近は医学部の授業でもちらほら取り扱われています。

いくつかフレームワークがありますが、重要なのはおばあさんのがどういう思いでおにぎりを作ったかというストーリーを想像し、感情に配慮することです。医学でも「ナラティブメディスン」という、患者の物語に沿った説明をすることが近年重要視されています。また、医学部受験ということを考えると嘘はつかない方が良いのでしょう。僕だったら「子どもたちのことを思って、わざわざおにぎりを作ってくれてありがとうございます。」と嘘はつかずに素直に感謝の気持ちを伝えておにぎりを持って帰ると思います。

他人の立場に立ってものごとを考えて、空気を読める能力(しばしば欠如している医師もいますが…)が試される問題なのでしょう。
面白い。医師だけでなく、公務員、政治家(立法府)、そして市民としても自問する価値のある問い。

「私が本問に接しまず気付いたことは、医師という職業に従事した場合、将来遭遇するであろう3つの事項が、課題文の中にさりげなく盛り込まれているということである。
それは、(1)少数者の人権尊重・擁護に対する考え方、(2)高齢者に対する意識の度合い、(3)言いにくい事柄を他人に告白する際の話術の3点である。」


この問いは厳密に「少数者」ではないにしても、現代社会は少数者の権利(人種、宗教、信条、多様な性、生活様式などハードなものからソフトな価値観まで)に対して非常にトピックが多いです。
価値観としてのリベラリズムに対するプッシュバックが特に欧州で見過ごせない規模に拡大している中、日本は、「どうしようもないことを立証できるなら容認」とでも言うような、リベラルではないが、何となく事を荒立てずに解決しようという方向性にあるようです。
なかなか面白いですけど、受験生は見て面食らうかもしれませんね。とはいえ、受験テクニックでうまく乗り切れそうな気もしますが、、、

問題への意見は様々かもしれませんが、
1. 答えのないことの指導、もしくは、自身のバランス感覚を問うている
2. bad newsの伝え方、でしょうか。伝えないということも含めて。

そう考えると医学生どころか現場の医師にもとても重要な領域の問題とすら思えます。

興味深いですね。



なお、おにぎりの食中毒はブドウ球菌の増殖・増殖した菌からの毒素産生によるので、握ってすぐなら菌はいても増えていないでしょうから、一般的には食べられるものと考えます(医師として勧めているわけではありませんが、リスクは低い)。逆に母親の手が安全という保障はありませんので、朝作ったおにぎりを昼以降に食べるのはリスクです。

また、ブドウ球菌による食中毒は産生された毒素によるので加熱で菌を殺しても起こってしまいます。ということで、焼きおにぎりにするというものではないかもしれませんね。(すみません、、、笑)


教育の難しさやおばあさんへの配慮だけではなく、、、個人の価値観や衛生観念、医学的な「衛生」の考え方、フードロスなど色々話題は広がるでしょうし、小論文のテーマとしてはやはり面白いです。
おばあちゃんが握ったおにぎりはダメだとしたらコンビニのおにぎりは?高級鮨屋さんの握りは?仮にそうだとしたらこの差はどこにあるのだろうか。

学生時代に中沢新一の「リアルであること」を読んだ。確かその中に今の時代はリアルさや死が巧妙に隠された社会になってきていると書かれていた。他人のおにぎりを食べれない人にとってはコンビニも鮨屋のカウンターの中もリアルではないんだろうな。でもおばあちゃんはリアル。そんなリアルに触れ慣れていない世代がどんどん増えていているのはちょっと怖い。だって最後は死という絶対的なリアルに向き合わないといけないのだから。
あまりに哲学的問題で、実務や実践を想定した試験問題には相応しくない。

ある人には意味や価値があるが、他の人には意味や価値がない場合、そして、その背景事情や理由が共に合理性があり両者を否定できないとき、共に不満ではない状態にするにはどうすべきかという問題。

一方が非合理的な場合もある。その場合の状況は全く異なる。たとえば、宗教的信念や非科学的神話観、迷信、誤謬が一方にある場合、問題状況は大きく異なる。つまり、真正対不真正の関係だ。試験はこの点を考慮せず真正対不真正の関係だけを想定している。

いずれにしても、状況は多様で、結局、唯一の正解などない。多くは、利益相反問題やトロッコ問題に行きつく。

この問題を無理やり解決したかのように装うのが多数決制度。つまり、おにぎりを食べるか食べないかは、関係者の多数意見に従うという「解決」策をとる場合だ。

現在、この本来正しくない「解決」策がはびこっている。
いい問題だなぁ。
確かに、他人の握ったおにぎりを食べられない人が増えてるらしいけど、医学部が解答するならこういうのもほしいね。

人間の手にあるばい菌は○億個、お母さんもおばあちゃんも一緒です。もっと言えば、私たちは毎日○億個の汚いものを食べたり、触ったりしてます。最悪汚いのはスマホです。
さて、それで食中毒になりましたか?みたいな数字で攻める。
子どもたちは今後何も食えなくなるでしょうw
ばい菌の数字は知りません。